わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノーベル平和賞、オバマ大統領に

 いやー、びっくりしました!オバマ大統領本人も、予想外の事で吃驚したという、まさかのノーベル平和賞受賞です。朝にネットで知って、TVをつけたら、どの局のニュースも、このことで持ちきり。めでたいけど、一体なんで??と、戸惑う声が主流のようですが、オバマ本人も戸惑い気味なので、別にいいんでしょう。

 それにしてもまだ就任して1年も経っていないのに、既に平和賞とは、考えられるノーベル委員会のココロは:

1.世界で最も影響力のあるアメリカ大統領が、核廃絶、環境保全、中東平和を公言すると共に、それらに向けて動き出し、国際社会の方向転換に向けてリーダーシップを発揮していることに対する支持と期待の世界への表明;
2.平和賞やるから、約束どおりイラクから手を引けよ、とっととアフガンからも出て行け、イランに手を出すなよ、と、いう牽制、ならびに、言ったこと口約束で済ませんなよ、というプレッシャー;
3.藪前大統領に対する壮大なイヤミ

 てなトコではないかと思うのですが、何にしろ、世界的に権威のあるノーベル委員会が、オバマの理念を全面的にバックアップしたという事は明確でしょう。オリンピックのシカゴ勧誘に失敗したから、オバマなんて世界的には小物だよねwなんて、ハナで笑っていた保守派の連中には、ちとザマミロ!です。けけけけのけ!
  1. 2009/10/09(金) 18:09:23|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<昨今、LAで流行るもの | ホーム | Redondo Beach Farmers Market>>

コメント

>オバマの平和賞は、彼をホワイトハウスに入れた有権者全員に対しての賞
オバマ自身も、自分自身に与えられたものではなく、と、言っていましたが、本当にそうだと思います。核廃絶、中東和平、代替エネルギー開発…それらを実現しようとして、実行に移している。あの語尾の強い力強いスピーチに鼓舞され、アメリカが、世界が共鳴している。凄いことだと思います。なんだか、身震いしますね!

>世間のEuphoria
もちろん、覚えています。一体どれだけの人に、どれだけの希望を与えたことか…
  1. 2009/10/13(火) 07:24:26 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

ゴアとオバマのノーベル賞の共通点

なんで、選挙権もない自分が、この二人の平和賞獲得にすごく喜んだのか少し考えてみました。 たぶん、姑さんなどを見返したことよりも、この二人の考えに共鳴して支持してきたのが世界的に認められたというのが、僕個人としてはうれしいんだと思います。特にオバマの平和賞は、彼をホワイトハウスに入れた有権者全員に対しての賞と考えます。ですから、賞金をすぐに寄付したのは、妥当だと思います。タイミング的には、カーターの平和賞が (2002年)、Wに対してのいやみだったと思います。

あと大統領選挙のすぐ後の世間のEuphoria、おぼえてます? あれだけでも、なんかの賞が与えられてもいいと思います。

  1. 2009/10/12(月) 07:56:55 |
  2. URL |
  3. Honda #fIoVb3AI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/600-4287087a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。