わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Norton Simon Museum

 今日は学校がお休み。どうやら、先週末のコロンバス・デーにかけての祭日に振り替えてるらしいんだけど、ロコツにコロンブスに因んだ祭日を祝うのは、ネイティブ・アメリカンの神経逆撫でなので、遠慮してるようです。ワシントンDCは、District of Columbiaってくらいだから、普通にコロンバス・デーは祭日だったし、テキサスでも何も考えずお休みでしたが、私的にコロンバス・デーの是非が急に脚光を浴びたのは、コロラドに引っ越してから。ネイティブ・アメリカン人口も、イタリア移民(クリストファー・コロンバスはイタリアの人)人口も多いコロラドでは、この日は一発触発、双方がデモを行ったりして、「政治的に正しくない」日だったの。

 LA総合学校区やカルバーシティが休日にしているユダヤ教のお正月は、平気でスルーしたレドンド・ビーチ市学校区は、コロンバス・デーの翌金曜を休日にするというフェイントで。折角のお休みなので、週末や普通の祭日には混雑する所に行こうと思い立ち、息子達と一緒に、パサデナのノートン・サイモン美術館を訪れました。殆どの美術館は、学術的に重要な作品をバランスよく所有、展示しているものですが、この美術館は完全に個人コレクションであり、収集家のサイモン氏個人の、オレの好きなものが正義!な作品だけが集められているのがユニークなところ。だから、サイモン氏の愛したドガの作品と、奥さんが傾倒していたというインド・南アジアの仏教美術が、とても充実しています。

 以前にも書きましたが、私の美術に対する評価は、
  1.家に飾って毎日眺めたい!
  2.ただでくれるなら家に飾ってもいい 
  3.内心飾りたいが、他人様にこんなモノを飾っていると思われてはマズい
  4.ただで貰っても、布かけてガレージに放置、存在しなかったことにする
  5.お金をあげると言われても辞退させて頂きたい
  6.どうでもいい
なので、サイモン氏の1.の集大成である本コレクションは、私にとっても正義。

 こじんまりとした館内は、ゆったりと心地良く、自然光が取り入れられて、明るく暖かな雰囲気です。照明暗すぎて細部が見えない、近寄ったら警報が鳴って怒られた、っていう美術館は、実際多いのですが、ここくらい明るいと、隅々まで見れて嬉しい。フラッシュ、三脚は禁止ですが、普通の写真撮影は自由というのも嬉しいところです。

明るく、ゆったりとした館内


お庭を背景にしてコレクションが一望に出来る展示法がドラマティック


 そして、モネの睡蓮の庭を再現したかのような池を囲んで、アンリ・ムーアなどの彫刻が配置されたお庭がまた、素晴らしい!高速道路の隣という場所柄、静かに佇む…とはいかなくとも、車の騒音を流れる水音か木々を渡る風の音に勝手に脳内変換しちまえば、カフェに腰掛けてアイスティーを頂くと、すっかり和みタイム。

10月なのに睡蓮の咲く池


 鑑識眼に激しく欠ける私の、美術を楽しむ方法の一つは、犬や猫など、「カワイイもの」を画面に探すこと。風景画の片隅の犬達、室内光景でこっそり』昼寝中の猫、神話の世界を描いた絵の木の枝の小鳥、貴婦人の指のステキなデザインのリング…これも、大好きな、宝探しの一環かも。宝探しといえば、ギフトショップも、インド仏教の本やグッズから、お洒落な文具、素敵な絵本等、バラエティーに富んだ品揃えで楽しい。美術館のギフトショップ、大好き!上息子は合成皮革のカバーのノート、若息子はエジプト芸術の本、私はアドレス帳買って、シアワセ。でも、帰りに見事、交通渋滞に捕まり、いっそのこと通勤時間外しちゃえー!と、晩御飯食べて、遅く帰ったら、わに夫が一人で不幸せだった。ごめんね~w
  1. 2009/10/17(土) 22:38:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<倭(Yamato) 演奏会 | ホーム | 雉も鳴かずば>>

コメント

いいですよね…大好きと仰る気持ち、よく判ります。コレクションも素晴らしいけど、全体の雰囲気が、なんとも良い感じですよね。私もすっかり魅せられてしまいました。第二金曜日の夕方か… ゆっくり夜の美術館もよさそうですね。
 自分の好きなものを集めて、それを公開することでまた、多くの人を感銘させることが出来るなんて、本当にうらやましい。
  1. 2009/10/23(金) 10:49:46 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

おはようございます。

ノートン・サイモン美術館は私の大好きな美術館です。
ノートン・サイモさんと結婚したら上手くいくはずと思うくらい趣味が合う。
ゲッティーさんのコレクションは成金趣味なところを感じますが、サイモンさんはそれを感じず、私にとっては何度でも行きたいところです。
それにしても、自分の好きなものを好き!!というだけで集められる資金力が欲しいものです。
確か第二金曜日の夕方は入館無料です。
  1. 2009/10/23(金) 07:39:25 |
  2. URL |
  3. あっぷる #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/606-883be6d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。