わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

The Red Cliff

 見てきました!!!わに夫が、ちょっとオフィスに行かねばなんね、と、言うので、ついでに家族揃って車に乗り込み、UCLAの大学街・ウェストウッドの、しけた劇場へ。お客は二十人程度。大学の先生っぽい大人な人たちばかりの中で、浮いてる家族連れが私たち。本当なら、IMAX+ドルビーサウンドで見たいところですが、贅沢は言いますまい。

 すでにKちゃんが送ってくれたBSの録画で、Part I、IIを観終わったあとなのですが、二時間半に編集しての公開ということで、どこを削ったかを確かめるのも楽しみの一つ。確かにここは長かった、と、思った、周瑜と孔明の琴の合奏や、周瑜の剣の舞が短縮されていた以外にも、孫家のお嬢が曹操陣営にスパイとして潜入した際の、蹴球は上手いが頭の弱い青年との触れ合いがばっさりカット。確かにあれは要らないエピソードだよな、私も思う。いろいろ端折られていましたが、代わりに周瑜と奥さんの小喬の絡みは、オリジナルにはなかった場面も付け加えられてたし、二人のいちゃいちゃシーンもノーカット。ハリウッド向けに、女性により重点をおいてみたのかな?そうそう、馬のお産もカットされていましたが、最後のシーンではオリジナルと同じで、孔明が子馬を引いて去っていくので、なんか唐突って気はしましたが、作品のテンポは良くなって、アドレナリン満々のまま一気に二時間半、ちっとも長いと感じませんでした。これは、アメリカでも拡大公開しないと勿体無い!

 わに夫と息子達は、どれが誰やら、どっちがどの軍やら、少し混乱したようです。それに、日本人なら孔明、関羽、張飛、趙雲を知ってるけど、全く知らないと彼らのスーパーぶりに戸惑ったり、なんで劉備が草鞋編んでるんじゃ?と、不思議に思っても仕方ないよね。それにしても、やっぱり女のために戦争起こして、女と茶を飲んでて戦機を逃す曹操はいただけないなぁ…天下の極悪人だけに、もっと大物に描いて欲しかったという気がします(注:私は曹操ファン)。戦闘シーンは、派手な剣戟に爆発の連続、さすがは香港クオリティー!この映画の撮影では、動物を傷つけていません、って、いつものメッセージが出てたけど、「ほんまか?」と思っちゃった。映画「モンゴル」では、飄々とした義兄役だった役者さんが、ここでは威風堂々の関羽役なのもびっくり。確かに顔は同じなんだけど、雰囲気がぜんぜん違う!気になる俳優さんになりそう…

 映画のあとは、劇場側の地中海料理レストランで夕食にしましたが、店内はひたすら暗いし、水タバコの煙プカプカで妖しかった。水タバコって、今、流行ってるのかしら?流行るといえば、アイスクリームをクッキーに挟んでくれるお店の前に、すっごい行列が。うーん、こんなに列が出来るほど美味しいなら、食べてみたいなぁ、と、思ったけど、並んで待つ我慢強さはわに一家にはなし。普通のクッキーにアイス挟んだだけだね、と、お店の前で女の子が食べながら言ってたのが耳に入ってきて、まぁ、そりゃそうだよね(苦笑)でした。期末試験が近いのか、週末の夜なのに、カフェに集まって勉強してる学生さんが一杯いましたよ~w
  1. 2009/12/05(土) 22:51:27|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<わにについて、Part II | ホーム | Googleの日本語入力プログラムが凄い件>>

コメント

あい、邦題は「レッド・クリフ~赤壁」で、英語では「The Red Cliff」です。
限定公開ですが、シカゴなら公開してる劇場があると思います。アドレナリン、きますよ~!
  1. 2009/12/07(月) 18:18:14 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

追記、

すみません、 タイトル The Red Cliffですね。

タイトルを飛ばして読む悪い癖・・。 もとより英語だったから目に入らなかったかもです。e-449
  1. 2009/12/07(月) 10:21:46 |
  2. URL |
  3. 管理人S #-
  4. [ 編集]

わに様、
こちらの映画のタイトルは? 私も歴史物好きです。
でも人物名全部思い出せませんでした。 しかも読めないし。e-259
映画見て脳みそ活性化してみたいです。e-254
  1. 2009/12/07(月) 10:20:09 |
  2. URL |
  3. 管理人S #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/650-1a6bf838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。