わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

16歳少女の世界単独無寄港ヨット世界一周

 浜辺のゴミ拾いおばさん、わにです。別にゴミが拾いたくて足元を見ながら波打ち際をフラフラしてるんではなく、シーグラスを探して歩いているのですが、この頃はゴミを拾う人のイメージが定着したようで、ライフガードのおっちゃんに「今日もゴミ拾いっすか~?」とか言われると、拾わざるを得ませんがね…orz


駐車場でなんかの撮影してた


 今日、私が噛み付きたいニュースはこれ、16歳少女、単独世界一周航海に向けて準備中という、LA Timesの記事です。昨日の記事なんだけど、昨日は色々起こりすぎて、今日に先延ばし。

 また~?と、記事の内容を読んでみると、この16歳、アビー・サンダーランドさんは、半年前に17歳でヨットでの世界一周航海に成功し、アメリカ人最年少記録を打立てた、ザック・サンダーランド君の妹だって。なんだか、先の風船少年にも似たあざとさを感じてしまう。この二人の下には5人の妹弟がおり、お母さんは8人目を妊娠中なのだそうで、この調子で、どんどん最年少記録更新でもするつもりですか~?なんてチャチャ入れたくなっちゃいます。今もオーストラリア人のジェシカ・ワトソンさんが、34ftヨットでの単独無寄港世界一周の真最中ですが、アビーさんはワトソンさんより数ヶ月若いので、成功すれば最年少記録更新で、サンダーランド一家とスポンサーのShoe Cityの思惑もそれみたい。

 ヨットでの単独世界一周は、お兄さん同様に幼い頃からヨットの操縦に馴染んだアビーさんの、13歳の時からの夢だったそうで、これはその夢の実現です。夢見るのはいい。たった一人海に乗り出すのもロマンティック。でも、ちょっと待って。彼らの航海は、自己責任での冒険ではなく、他の誰か…この場合、親の責任の下での行動なんじゃないの?もしも何かあった時の救助費用を出すのは、彼ら自身ではなく親。いいえ、スポンサーが責任を持ちますって?そのスポンサーと交渉し、契約書にサインしたのは誰?16歳がサインしても、法的拘束力はないから親だよね?いくら本人がヨット操縦の天才で、全て自分で責任を取りたいと思っても、現代の法はそれを許しません。自分で責任を取る法的年齢に達していな子供が、事故に遭えば、海賊に襲われれば、嵐でヨットが転覆すれば… その責任は親にあります。

 子供の夢を叶えてやりたい、そのために助けたいと思うのは、親として当然でしょう。でも、子供の命を守るのも、親の義務ではないのか?生命を危険に晒す航海を「娘の夢だから」と容認するのではなく、敢えて「独立して自分で保険払えるようになるまで待て」と止めるのも親の役目ではないのか?息子に続き、娘も世界一周とは、マスコミも注目するし、きっと出版社とも契約済みに違いない。色んなTV番組にでてギャラも貯まるだろう。3人目の航海は、リアリティー・ショーと契約?なんてw

 13歳(注:というのは私の勘違いで、此の事件の当事者ジェシカちゃんは7歳だったそうです)少女の操縦する飛行機で大陸横断の試みが、墜落・乗組員全員死亡という悲劇に終わって以来、年齢制限が設けられましたが、そろそろ、このヨットでの単独世界一周ってのんも、年齢や資格の見直しがなされるべきではないかと思います。現代社会では、人間は互いに責任を負いあっています。大航海時代やカリブの海賊的世界のように、若者が海に一人で出て失敗しても誰も知った事じゃない、とはいきません。公海を航海中に危険に面すれば、世界は救出に向かう義務を負っているのです。一人がロマンティックな夢を叶えるためにアドベンチャーに乗りでても、そこで自己完結とはいかないのです。夢の無い時代になったのかもしれません。胸踊る秘境冒険譚は難しい時代になったのかもしれません。でも、通信技術が進み、地球表面のどこにいても衛星で監視可能で、世界で合意された法が確立された今では、仕方の無いこと。この一家に、世界を巻き込みかねない責任は、理解出来ているのだろうか??ともあれ、アビー嬢が無事に帰港できるよう、見守りましょうか…

共感されたら一押しお願いします
  1. 2009/12/15(火) 23:01:41|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<キャロルーッ!! | ホーム | 太った猫やらレズビアン市長やら>>

コメント

本当に危惧されていたことがそのままの結果になりましたね。
  1. 2010/06/10(木) 15:55:05 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/660-05e23ea8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。