わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

會議は踊る

 中学校は今日で終業、来年まで冬休みです。あ~あ…(どんより)息子達の成績はどちらも振るわず、しかも、努力した結果なら頑張ったねと思えるけど、馬鹿息子どもが二人揃って、宿題忘れた、課題提出しなかったってのが不振の原因ってんだから、頭に来るったら…!いくらテストで満点とっても、宿題しなきゃ結果は悪いんだよ!!私が中学生の頃なんて、忘れ物をした日にゃ一日中気が重かった、宿題を忘れでもしたら胃がキリキリ痛んだもんだ。だけど、息子達は平気のヘッチャラらしい。もう、腹が立って仕方ない。どうやったら、この極楽トンボどもに「責任感」を植えつける事が出来るんだろう?今のうちに、責任を果たす大切さを学んでくれないと、高校生になってからじゃ遅すぎだよー!母は泣きたい…いや、もう泣いてるよ!

 無責任といえば(また強引な持って行き方を…)、二週間に渡ったコペンハーゲンでの気候変動枠組み条約締約第15回国際会議(COP15)は、結局協定の採択には至らず、「留意する」ことで決議。2ちゃんねるで、この結果の絶妙なまとめを見つけたので、コピペ:

EU「全世界の枠組みつくろうぜ。あーしてこーすればみんな文句ねーな?」
途上国「あ?なにお前仕切ってんの?勝ち組が逃げ得とか許さねえから」
米国「じゃあおれが全部決めてやるよ。まず中印が削減公開な」
中国「黙れ」
インド「京都議定書から全力逃走した国が今さら出しゃばんなや」
日本「いい加減にしろよ。おれが金いっぱい出すから、途上国は譲歩しる」
EU「めんどくさいから、京都議定書延長して、米国と途上国は別枠にしようぜ」
日本「え?ちょっとおれの話きいt(ry)」
中国「別枠とかそういう話じゃねえから」
米国「EU、話聞いてたの?」
インド「もういいや、勝手にやって」

島嶼国「おまえらもう全員氏ね」
サウジ「こんなひどい会議見たことないわ」

 いやー、世の中、才能ある人がいるもんだ…

 会議は正に上の通りに終わっちゃったんだけど、合衆国的には、採択は見送られたけど合意文書は承認されたし、オバマ大統領が胡錦濤中国国家主席と会談の機会も持てたし、後退ではなく前進の方向にあるってんで、ならばよし!なんだそうだ。そりゃ、オバマまで出て行って、ま~たダメだった、てへvとは言えんわなぁ…jumee☆Feel Depressed4

 そして、地球温暖化について、みんなで喧々囂々している丁度その時、欧州とアメリカ東海岸では大寒波が襲来し、日本列島も冷え込みました。まるで、空が嘲笑っているみたい…
  1. 2009/12/18(金) 23:49:11|
  2. 環境問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<A Christmas Carol | ホーム | Walk like an Egyptian>>

コメント

私も気をつけないと、将来息子達にリハビリされるようになりそう… 
 でも、与えられた課題をサボるというのは、自分の責任を果たしていないということで、本当に情けなく、頭に来ちゃうんですv-293
  1. 2009/12/22(火) 13:44:25 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

「極楽トンボ」!
懐かしくもあり、何とも素晴らしい言葉の響き。
私の心にひしひしと伝わってきます。

因みに私は子供の頃、問題が解けなかったりすると、「この盆クラ(暗)」と言われて、
よく父に叱られたものです。
今では、父の言語のリハビリテーションで私がスパルタ教育を施しておりますが...。

メインの話題に触れずにスミマセン。

hih
  1. 2009/12/21(月) 08:53:09 |
  2. URL |
  3. Demee #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/663-2d56aa9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。