わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Atheism

 今週末にはもうクリスマス。郵便局に荷物を送りに行ったけど、列が局の建物の外にまで伸び、小一時間も待たされました(><) 去年、クリスマス前に日本に送った荷物が、3ヶ月経ってやっと届いた(腐るものじゃなくてよかったけど、日めくりカレンダーなので4分の1が無駄に…)という事があったので、今年は、日本向けのプレゼントやカードは、お正月に向けてクリスマスが終わってから送ろうと思っています。それにしても、どのお店も、駆け込みでクリスマスプレゼントを買う人達で一杯!不況なんて一体何処に?!って感じの盛り上がりです。

 我が家では猫たち、特に、高いとこ飛び乗るの大好き、光もの大好きの新入り、ミケを警戒して、今年はツリーは出さない積もりでいたのですが、若息子にほだされて、わに夫が高さ1mほどの小さな人工ツリーを買ってきた。結局、何だかんだ言って、自分が欲しかったんでしょ!自称・無神論者で、キリスト教には批判的な癖に、しっかり毎年クリスマスしてるわに夫、やっぱツリーが無いのは物足りないらしい。若息子は、出来る事ならクリスマスと一緒に、ユダヤ教のお祭りのハヌカも、アフリカ系アメリカ人のファミリーで広がりつつあるクワンザも、一緒に祝いたいってお祭り男だけに、小さなツリーいっぱいに飾りをぶら下げてご満悦。一方、上息子は最近、「この広大かつ複雑な宇宙を創造したのが、人間が自分達の想像し得る神なんて概念だ、なんて、おこがましい」などとうそぶいている。さすがは、リアル中二。そんなコト言いながら、ちゃっかりクリスマスプレゼントは期待してるんだから、調子いいよねw

 かくいう私は、唯一神には正直、違和感あるんだけど、八百万の神々文化は、しっかり染み付いているので、神さんは基本的に、みーんな目出度い、有り難い。そして、楽しげなイベントは大好きだ。だかた、宗教的背景はムシして、クリスマスは楽しい。日本でも、イブを恋人と過ごす、とか、クリスマスにはケーキ食べる、って、すっかり定着してるけど、日本人の宗教への寛容さと、お祭り好きな陽気さがよく現れていると思います。世界中、日本人なら、きっと平和な星だろうね。

 でも、アメリカの政治家には、そんなお気楽さは赦されないようで、昨日のLA Timesには、無神論者の市会議員に批判が、という記事が出ていました。ノースキャロライナ州、アシュビル市の市議会に当選した新人議員の、セシル・ボスウェル氏は、就任の宣誓の際、聖書に片手を置かず、決まり文句の「So God help me(神よ、助け給え)」を飛ばしたので、保守派から過激主義者だ、悪魔の手先だ、と、攻撃されているばかりか、議席を失う可能性すらあるとか。と、いうのも、実は、ノース・キャロライナ州は。無神論者が公の地位に就く事を法で禁止している七州のうちの一つだから。この国の憲法における、宗教の自由って一体?と、悩んでしまいますなぁ…

 昨年、大統領選挙中のブログでも触れましたが、国民の大半が無神論者の大統領は許せないと思っているこの国では、無神論者はソシオパス扱いされかねないのです。どんなに自然を破壊しても、天然資源を搾取しても、戦争ふっかけて殺し合っても、原爆落としても、多くの他人の生活を滅茶苦茶にしながらも自分は贅沢な暮しを続けようとも、神様さえ信じていれば「いい人」でいられるのが、この国です。神の御加護とは、自分の信じる「神」への信仰そのものであり、当然のようにそれを自分以外にも要求する。自分と同じ「神」を信じないと、地獄に堕ちると信じている。罪を犯しても、教会に行って懺悔すれば許されるというコンセプトは、「悪いことしたらバチがあたる」とか、因果応酬といった、日本人の概念とは全く異質のものです。

 悪いことしたらサンタさんが来てくれないよ、と、子供には教えるのに、大人になるとその感性を失ってしまうのでしょうか?もちろん、「異教徒を殺すのは悪いことじゃない」「戦争を終結させるために原爆投下は必要だった」なんて、「悪い事」の基準が違えば、最初から話が噛み合わないのは当然なんでしょうけどねw
  1. 2009/12/21(月) 21:14:39|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ツイてない… | ホーム | ニューポートビーチ、ボート・パレード>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/666-43c67d0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。