わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Not your father's シャーロック・ホームズ!

 I wish you a very Merry Christmasクリスマス

日本では既に昨日になっちゃってますが、皆様が素敵なクリスマスを過ごされましたことを… 


 わに家のクリスマスは、若息子が予告通り、朝っぱらから叩き起しにやってきて明けました。眠い… 一通り、プレゼントを開封した後、わに夫と息子達はスカイプを通じて、舅姑が訪れているボストン郊外の義弟一家や、日本に駐留中の義弟とビデオ会話を楽しみ、私は二度寝w 夕方になってから、今日から公開の映画、「シャーロック・ホームズ」を観に行きました。お店が一斉に閉まってしまうクリスマスには、映画館は数少ないお出かけ先ですが、今年は金曜日と重なったこともあって、今日から公開の映画も多く、映画館は一杯で、チケットを買うにも長い列(><)

 私のシャーロック・ホームズの思い出は、小学校の図書館にあったポプラ社のシリーズです。他に、怪盗ルパンのシリーズと、江戸川乱歩の怪人二十面相のシリーズがあり、全国の小学校の図書館の定番でした。おどろおどろしい表紙絵が特徴で、タイトルも「夜光怪獣」とか「まだらの紐」とか、子供心をくすぐる怪奇調。この山中峯太郎翻訳版は、今では絶版だそうですが、私の年代にとってのホームズは、随分と創作も混じった、このシリーズでしょう。同じくポプラ社版のルパン・シリーズは、翻訳者が結構しっちゃかめっちゃか創作を付け加えたり、児童向けということでルパンが犯罪を犯している部分は大胆に削っちゃったり、本格派ファンには評判が悪いそうですが、日本におけるルパン人気は、お洒落な怪盗紳士としてのルパン像を確立した、南洋一郎版の力が大きいと思うのですけどね。

 ともあれ、ガイ・リッチー監督による、新ホームズは、懐かしのポプラ社ホ-ムズとは全く違ったイメージ。ロバート・ダウニーJr.のホームズは、鋭敏な嗅覚と人並み外れた観察力での冴えた推理は変わりませんが、だらしない服装で髪はボサボサの一見ダメ男風。一方の、ジュード・ロウ演じるワトソンは、おとぼけサイドキックではなく、ホームズの世話に手を焼く相棒であり、ホームズに匹敵するほどのキレる頭脳とタフさを誇るクールな英国紳士。小説ではチョロッと回想に登場するだけのアイリーン・アドラーが、この映画では「ルパン三世」における不二子ちゃん的ポジションで、華を添えています。そういや、ホームズとワトソン、ルパンと次元っぽいかも?今回の敵、黒魔術を使って英国政府転覆を企むブラックウッド伯爵は、「ボディ・オブ・ライズ」でえらいカッコよかったマーク・ストロングなのですが、この映画では顎のたるみが…orz

 ガイ・リッチー監督って、マドンナの元旦那、ってくらいしか知識が無かったのですが、お洒落い映像に定評のある監督だったのですね。なるほど、この映画のシーンもいちいち、おっしゃれーvでした。スタイリッシュな映像に、ゴージャスな衣装の数々、そして主役ふたりが格闘技の達人という設定なので、アクションも満載。今迄のホームズの枠にははまらない、一大娯楽作品に仕上がっています。テンポもよく、話はポンポン進むのですが、それでもアクション娯楽推理作品としては、ちょっと詰め込みすぎて長いかな、って気もする。そして、宿敵・モリアーティ教授は、この作品の中でも影で全てを操る存在でありながらも、結局、最後まで登場せず、もうシリーズ化決定ですか?と、やや脱力。何でも、モリアーティ教授役には、ブラッド・ピットの名が上がっているそうで、もー、色んなタイプの男前を揃えまくってみました!な萌え映画でも目指してるんでしょうか?でも、それはそれで良し!

  1. 2009/12/25(金) 22:50:33|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<アメリカでは8人に一人が空腹である | ホーム | 医療保険革案、上院で可決>>

コメント

ルパン三世か生まれたのも、南さんのルパンがかっこいい怪盗紳士だったから、って気がします。日本で、アルセーヌ・ルパンやシャーロック・ホームズが人気なのは、ポプラ社阪のおかげが大きいんじゃないかな??
  1. 2009/12/29(火) 21:25:55 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

ポプラ社!

そうそう、私も読みましたよ、小学生の頃。ただ、私はルパン中心でしたけど。ルパン大好きで、あまり考えた事もなかったのですが、そうですか、南洋一郎さんは、いろいろと手を加えていたのですね。どうりで...高校生くらいになって、ちょっと大人用のルパンの文庫本を読んだ時、もの凄く違和感を感じ、「この翻訳者、下手!」なんて思っていたのですが、実は南さんだったのですね、原作に忠実ではないのは。(笑)でも、彼が訳をしてくれて、私は大のルパンファンになったので、私の中では、それで良しです。

明日会えますね!今日はアバターを観に出かけるので、夕方近くにならないと帰って来ませんが、今晩にでも電話します。
  1. 2009/12/27(日) 09:32:51 |
  2. URL |
  3. まさこ #73DAy5m2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/670-cc9bd3d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。