わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

この恐るべき強欲

 昨夜からずーっと激しい雨が降り続いています。寒い~ 首都ワシントン、D.C.では、記録更新の積雪だそうですが、ここ南カリフォルニアも、例年に無い降水量です。これで今年は渇水の心配なしかと思いきや、やっぱり来夏も水不足が予想されてるんだって。この州は一体どれだけの水を使ってるんでしょ?


 ともあれ今日も、新聞ネタです。なんだか、すっかりニュース・ブログ化してますね。でもさ、ゴールドマンサックのCE、ロイド・ブランクフェインの年間ボーナスが、たったの$9ミリオンだというので、ウォール街では話の種になってる、なんて記事を読めば、ガウガウ噛み付きたくもなるじゃないですか。この、NY Timesの記事はここからどうぞ。

 なにしろ、2007年には、$68ミリオンをボーナスで受け取ったってのと同じ社長ですから、確かにそれに比べりゃ、ホンの900万ドルでしょうけどさ。ちなみに、ボーナスだけですよ、年棒総額じゃなくて。とはいえ、この金額は現金ではなく、同社の株式で支払われます。そして、この株は5年間は売っちゃいけないことになっている。だから、5年後には、ただの紙切れになってるかもしれないし、逆に100ミリオンになってるかもしれない…ってのがミソ。だから、今迄みたいにハイリスク・ハイリターンで、失敗したらスッカラカン(・∀・)な、無茶はできなくなるはず…ってのが、狙いらしいですが。そういや、JPモーガン・チェイスのダイモン会長兼CEOも、ストックオプションで貰うそうですよ。こちらは1700万ドルですが。

 それにしても、世間が、失業率がやっと10%切っただの、フードスタンプ発行率が過去最高だの言ってる時に、この状況を作り出した張本人の一人がしゃーしゃーと、こんな金額払っちゃいますよ~、とやってのけるとは、アンタ達ってば、バカなの?こいつら、金融工学詐欺で、米国のみならず世界中の経済を破壊したテロリストやん。グアンタナモに隔離しちゃえよ!(←当然、自費で)

 時、折りしも、オバマ大統領は先の1日の予算教書で、2011会計年度(10年10月-11年9月)には、単身者で所得20万ドル超の所得税率を36%(現行33%)、夫婦合算で所得25万ドル超の所得税率を39.6%(同35%)に増税を求めるとともに、所得20万ドル未満の個人に対する新たな合計1434億ドルの減税を提案しました。だいたい、900万ドルなんて貰っても、一体何に使うの?投資資金とかって言って銀行に放り込んで、そこで太らせるだけじゃ、経済全体には何の役に立たない。それどころが、ぶくぶく泡立っちゃって、バブルになりかねない。だいたいが、金は天下の回り物であってこそ、でしょ?低所得者への減税で累進性を強化し、可処分所得を増やして、消費を増大させる事が、今の米経済には必要だと思うの。昨日のニュースじゃないけど、ブランクフェインさんやダイモンさんは実は美術蒐集家で、億単位で美術品買い漁ってます、とかってんでもない限り、こんなトンデモ額の報酬金が市場に出まわって循環するとも思えない。どえらい収入の金融機関の幹部たちが、それなりに寄付してます、って話も聞かない。ビル・ゲイツは儲ける額も国家予算並だけど、寄付する額も、世界を変えるかもしれないレベルだぞ。年収がミリオン超える家計からは、日本並に税金ふんだくっても良いと思う。

 と、いうわけで、私は高所得者への増税と、低所得者への減税を同時に行うことで、より平等な富の再配分を図る制作には、大賛成です。一年半前の記事で、カリフォルニア州の財政を救う為のわに案として、「高級車やボートなどの登録料アップ(購入税だけにすると、絶対、外国行って買ってくるもんね、アイツら)、1ミリオン超える不動産には不動産税率アップ、民間ジェットの空域使用料と空港使用料値上げ、んでもって千ドル以上の衣料品は、医療用などの例外を除いては贅沢税として消費税を倍にする」って書いたけど、これ、全国的にやっちゃおうよ、と、思うのであります。

 はいはい、私はプラウト主義経済擁護ですよ。だって、今の米経済は、資本主義ではなく、資本主義だと思うもの。昔、一億総中流なんて言われてた時代に、育った世代ですもの。
  1. 2010/02/05(金) 23:12:03|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<嵐の後のビーチ | ホーム | 94億円の男!>>

コメント

同じくインドのガンジーが説く「労働なき富」、それが今の米金融界です。

>何かあれば、ほらぁ~注入してもらえるでしょう。
>もう資本主義を逸脱していますよネ
全く同感ですよ~!社会的な影響を考慮しつつも、JALやTOYOTAを突き放す日本のやり方こそが、資本主義的ですよね。アメリカにおける資本主義は、個人商店や飲食店にのみ存在している、ってラジオで誰かが言ってましたが、商売が生き残る唯一の道は、見合う需要があること、つまりお客に喜ばれること…という、資本主義の基本が、今のアメリカ産業ではズレてる。単なる資本家主義に堕落しているって思いますよ。
  1. 2010/02/08(月) 21:45:03 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

そうそう、資本主義も進化しなければならない。
マルクス以前の様相とまるで変わっていない。
「働く者は儲からない、儲かる者は働かない」状況がいつまで続くのか。
それが資本主義の本質だとしても、そろそろ進化してもいいころですネ。

>プラウト主義経済擁護ですよ。
東洋的発想とうかインド的というか、私も惹かれますよ。これが次のステージへの足がかりとなって欲しいものです。なんたってインドですものインド!あのシッダ―ルダが生まれた国ですよ。
車だって、今はハイブリッドで走ってますものネェ。

だいたいあそこいら辺の輩は中途半端なんでしょうね。だから、強欲さに際限がないんでしょう。
フォード、ロックフェラー、アスター、ゲイツ家などと全く別な次元の金持ちです。
彼らは製造や労働の末にある価値を創造した結果、金持ちになってます。まぁ色々人に言えないこともやって来たんでしょうけど、いづれにしてもお金(資本)の本質を理解してますね。一方、今の金融CEO達はその過程が吹っ飛んでしまってますね。まぁ人より多少お勉強が優秀で、運に恵まれいたから今のポジションで、あれやこれやと楽に搾取する方法を考案してるだけです。その儲けた金を市場に放出して新たな儲けを生み出すという循環の発想を抜きにネ。これではもはや資本主義の体をなしていませんね。
資本主義とは、投資-儲け-分配-投資-儲け・・・・。の繰り返しでしょう。
彼らは全く分かっていませんよ。資本主義は個人的主義の代表のことのように思われがちですが、個人で完結してしまっては、機能しないんですネ。

まぁ金融業界自体、人の金で商売していますからねぇ~。何かあれば、ほらぁ~注入してもらえるでしょう。
潰せば社会的影響が計り知れないのは重々承知してますけど、そのこと自体が極論すれば、もう資本主義を逸脱していますよネ。

価値の創造とは金融工学よりどれほど複雑で難しいものなのか輩には全然分かってないんですネ。

hih
  1. 2010/02/07(日) 02:19:40 |
  2. URL |
  3. Demee #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/710-009071cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。