わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2ちゃんねるユーザーの報復が始まった!

 韓国からの攻撃でサーバーがダウンし、2ちゃんねるへの接続が困難になったことにムカついたユーザーたちの、報復行動が始まっています。リロードボタンを繰返し押してサーバーへの負荷を超過させる「F5攻撃」に対抗しての、「クリック募金攻撃」がそれで、クリック一回毎にスポンサー企業が特定チャリティーに1円を寄付するクリック募金を攻めよう、というもの。各種クリック募金の中でも、地震被害に見舞われたチリへの募金はツイッターを通して行われており、一日1つぶやきで1円が寄付されます。私も尻馬に乗って、クリック募金ボタンを押しまくり、Twitterにも登録してみました。たかが1円、されど1円。私のような、普段から積極的にクリック募金に参加していない便乗愉快犯が、これをきっかけに参加することで、募金金額がアップすればしめたもの。流石は悪名高き2ちゃんねらー、おぬしらも悪よのぉ…w ツイッター募金は、ここから登録できますが、開始12時間で、1万呟きを突破したそうです。尻馬乗りパワー、侮りがたし!さぁ、皆様もご一緒にv


クリックで気分すっきりしたから寝るみゃ (お嬢さん、爪が出てますが…)


 ところで、日本でいう中学二年生の上息子は、映画でシャーロック・ホームズにはまり、シリーズを全読しました。上の黒猫は、ミステリー話への転換の布石…… なーんちゃって。ちょっと無理やりすぎ?

 ともあれ、読み終わっちゃった今、ホームズみたいなのが、もっと読みたいというので、自分が子供の頃、名探偵ホームズ・シリーズと対だった怪盗ルパンでも読むかい?と、本屋さんに行ってみました。でも、数軒回っても、置いてるお店がなかった。ルパン三世の翻訳コミックスはあるのに、お祖父さんのアルセーヌ・ルパンは、アメリカではあまりメジャーじゃないらしい。翻訳ものだからかしら?それじゃあ、と、、アガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」を買って帰ったんだけど、やめられない、止まらないで一気読み後、「とにかく凄い!」だって。そりゃ、アガサ姐さんは伊達に、ミステリーの女王と呼ばれてるわけじゃござんせんよ。

 アガサ・クリスティーなら、図書館にも置いてあるし、古本屋さんでペーパーバックスが安くて手に入る。当分はクリスティーにはまっててくれれば、安上がりでヨロシイ。そういえば、私がクリスティーなんかを読みまくったのも、上息子と同じ年頃でした。クリスティーを読破しても、まだまだ、エラリー・クイーンにディクソン・カー等々、楽しい本が一杯待ってるぞ!それにしても、これらのミステリーを初めて読むことの出来る息子が、ちょっと羨ましく思います。だって、流石に何も憶えてないだろうと、少しだけ息子の本を読み始めたら、あっという間にストーリーとトリックを思い出しちゃったんだもの。あの感動と驚きをもう一度、とは、いかないものなのね…


ついでに横のランキングもクリックすると、母さんが喜ぶんですみゃ
  1. 2010/03/02(火) 22:44:15|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<私の欲しいもの、それは銛 | ホーム | 正統派ゴシック・ホラー:シャッター・アイランド>>

コメント

いただきました!うはは、楽しみですv
  1. 2010/03/05(金) 14:14:47 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

TwitterのDMでメールアドレス送りました。よろしくです~
  1. 2010/03/05(金) 13:31:26 |
  2. URL |
  3. Mochi #-
  4. [ 編集]

Mochiさん

きゃー!ぜひ、お借りしたいです。悪魔が来りて…も、獄門島も、文庫の表紙絵が目に浮かぶ。あのシリーズのカバーは本当にインパクト強いですね。「真珠郎」の絵にうなされた覚えもあります(また、夢に出てきたらどうしよう…)
  1. 2010/03/04(木) 22:53:02 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

Demeeさん

わに夫はSFと哲学書、私はSF,ノンフィクション、エッセーに漫画、上息子はミステリーに嵌り中で、若息子はファンタジー好き、と、わに家は揃って本好きです。で、一家揃ってメガネですw
  1. 2010/03/04(木) 22:51:02 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

もしよかったお貸ししますよ~
獄門島とか、悪魔が来たりて笛を吹くとか、あと数冊持ってます!
  1. 2010/03/04(木) 21:52:17 |
  2. URL |
  3. Mochi #Q.kpB1bw
  4. [ 編集]

読書に嵌る。ミステリーに嵌る。

血は争えませんなぁ~!

hih
  1. 2010/03/04(木) 05:12:36 |
  2. URL |
  3. Demee #-
  4. [ 編集]

横溝正史、あの、角川文庫のおどろおどろしいカバーが良かったですねぇ。私も、再読したくなってきました。謎解きだけじゃなく、お話そのものが耽美的で、魅惑的だし。明日、BookOffへ走るか!

 アガサ・クリスティーは、息子が読み終わった「そして誰もいなくなった」を始めの数章だけ斜め読みしてみたのですが、原文で読むのは、これが初めて。でも、読みやすい感じでした。始めちょろっとだけで、そういや、これはこういう話で、犯人は…と、思い出しちゃって、十代に読んだものは印象が強く残ってるもんだと、自分でも驚きましたよ。この記憶力を、他のところに回していたら…orz
  1. 2010/03/03(水) 23:13:12 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

ワタシもアルセーヌ・ルパンは全部読みました~。

その後はなぜか横溝正史に嵌まりまして、最近ほぼ全部読み直しました。

クリスティは数冊しか読んだことがないですねえ。英語で読み直してみようかなあ。
  1. 2010/03/03(水) 22:30:25 |
  2. URL |
  3. Mochi #Q.kpB1bw
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/735-51cda7c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。