わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LAタイムズの一面がジョニー・デップに乗っとられた?!

 左の画像は、今朝来た、LA Timesの一面。いつものように、ビニール袋から新聞を引っ張り出して、広げてみて、まぁ、ビックリ・・・ とはならず、寝ぼけ眼で、とっとと最初の一枚を剥がして、本物の一面の見出しに目を通します。LAに住んで二年半、ここで大型映画の公開日の旅に繰り広げられる突飛な広告には慣れたと言いますか、まー、結構な広告費使って、あの手、この手、映画の外宣の皆さん、頭を捻ってますなぁ、と、感心したり。今週末はアカデミー賞授賞式で、娯楽欄はそれでもちきりだろうから、「アリス」宣伝側も、ちょっと頑張ってみたんだろうな。

 と、大して関心もしなかったのに、なんで、わざわざブログで取り上げてるかと言いますと、ネットで、この一面もどき広告が賛否両論、話題になっているって記事を見かけたから。LA Times日曜版は、広告に包まれてたり、漫画欄がマットレスの広告に隠れてたりってのが毎週のことだし、今日の娯楽欄は分厚いなと思ったら、中身は延々、映画の二ページ全面広告だったとか、ってのが日常茶飯事なので、日頃から購読してる住民は、これっくらいじゃ驚きもしないと思ったんだけど・・・実は、これはジャーナ配給会社が、自作自演で騒いで、注目を集めようとしるんじゃ?!と、いつもの考え過ぎ・わにこは疑うわけでございます。だってさ、私が配給会社の外宣担当だったら、これって新しくね?斬新じゃね?ショッキングだよね?!って、得意になっちゃうアイデアだと思うし、広告費は、かなりな額だろうし、LA周辺だけじゃなく、全国的にハデハデしく公開したいもん。ネットで、「これは何だ!けしからん!」って他人のふりして、画像付きであっちこっちに論争をふっかけりゃ、注目集めるじゃない?

 ともあれ、この広告と、この一面トップ全面広告を採用したLA Timesを、ジャーナリズムの倫理に反ずると批判したのは、ジャーナリズム評論家のロイ・ピーター・クラーク氏。曰く、「米景気後退と広告収入の落ち込みを背景に、新聞の一面と広告面を区別していたジャーナリズムの倫理観が崩壊した」んだって。これを伝える、ヤフー!のニュースは、こちら。「同紙は「本物」の一面は内部に掲載していると断ったが、気付かなかった読者もいるという」って、それはないと思うよ…
  1. 2010/03/05(金) 22:37:12|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<くじらの日 @ Palos Verdes | ホーム | 犬だってPTSD>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/738-fb4592a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。