わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メディアに求めたいもの

 先日、ニュージャージー州・ターナーズビルのウォルマートで、「黒人は今すぐ全員、店を出て行け!」という店内放送があった事件では、犯人の16歳の少年が逮捕されましたが、どう考えても外部者の仕業であろうと誰も予想できたに関わらず、あたかもウォルマートが人種差別主義であるかのように報道したメディアもありました。その報道ぶりに加え、プリウス暴走に対するメディアの対応に疑問を投げかける記事が出ていたので、紹介します。原文は、ここから読めますが、主題を掻い摘んで言えば、報道機関はもっと懐疑的になるべきではないのか?ってこと。

 私が、初めてアメリカの大学院で学び始めたとき苦労した事の一つは、何でも鵜呑みにしちゃうこと。講義の前には指定された文献を読んで、それに対しての自分の考えをまとめておくことが要求されましたが、どうも私は、それらへの反論を導き出すのが苦手でした。だって日本じゃ、教科書読んだら、その内容は正しいって前提で話が進むではありませんか。でも、アメリカじゃそうじゃなくって、この文献の作者はこう言ってるけど、あたしゃ反対だね、とか、ここんとこ納得いかね!と、論議出来なきゃならない。読んだことに納得して、あーそーですね、で終わってちゃ、講義で何も言うことが無い。何も言わなきゃ、「Class Participation」で点が貰えない。ひえー!

 その悩みを、クラスメイトの日本の某全国新聞記者だったHさんに相談したところ、「あたしゃ記者だからね、何でも疑ってかかる癖がついてるのよ。わにこちゃんも、読み始める前から、甘いトコをつついてやる!口には出さないことを引きずり出して、スクープしてやる!って気持ちで読んでごらん」と、アドバイスしてくれたのです。私が、何でも裏を深読みしたがるのは、Hさんのせいかもしれない…

 ともあれ、記者・報道機関・ジャーナリストたるもの、「疑ってかかる」ことこそが重要、と、この記事内で引用されているフォーブス誌の論説で、非営利独立団体、ジャーナリズム・プロジェクトのマイケル・フメント氏も言っています。ところが、今回のウォルマートの一件にしても、トヨタ車のアクセル・ペダルが引っかかって暴走しただの、ブレーキ踏んだのに急加速しただのって事例がでる度に、「それって単なる運転者の間違いってことはない?もしかしたら、詐欺じゃないの?」という、多くが思いつくことを無視して、米国メディアは揃って、トヨタ車がまたやったー!トヨタ車、マジ危険ー!」と、一方的に囃し立てるばかり。思えば、日本人的にあまり思い出したくない、コロラドの風船少年事件だって、当の少年がボロを出すまで、メディアは一斉に、このどう考えても妙な出来事を信じきっていた。既に風船探しの騒ぎの最中に一般から「ウソだろ、家ん中、よく調べろよー」「こんなのヤラセに決まってる」という意見がネットで飛び交っていたにも関わらず。

 これらに共通するのは、メディアが自分たちの持って行きたい方向、よりセンセーショナルな方向を意識的に強調し、視聴者の興味を引こうとする意図が明らかという点だと思います。ジャーナリズムとは、真実を探ることあり、その為には表面上の物事や関係者の発言を鵜呑みにするのではなく、懐疑的な目を持ち、疑問をぶつける必要があるはず。人為的に偏向報道を行い、時にはABCのプリウスのエンジンテストのように捏造まで行っていては、ジャーナリストを名乗る資格はありません。このような、メディアの偏向報道は、日本においても日常的に行われています。昨年の選挙前、各メディアが一斉に自民党を貶め民主党を持ち上げる報道を流し続けたのは、記憶に新しいところ。メディアがジャーナリズムを放棄するなら、私たち自身が真実を見極めようとする批判的な目を持ち続ける姿勢を崩してはならないと思います。


 ところで今日は、昼間は快晴でしたが、夕方頃から深い霧に包まれました。霧の海も良いものです。家族で浜辺に散歩に行きました。夜に犬の散歩に出てみたら、その霧も晴れて下弦のお月様がチェシャ猫笑い。明日もお天気なら、どっか遊びに行きたいなぁ…(でも石ごろごろハイキングはもう結構です…orz)


霧の彼方の夕日を背に、かもめが飛んでいました。濃い霧の向こうでも夕日の輝きは確かめることが出来ます。
  1. 2010/03/20(土) 23:55:23|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<海を見下ろすトレイル_Rancho Palos Verdes | ホーム | ハリウッド版(?)鉄腕アトム>>

コメント

ふむふむ、なんて思っていただけたなんて、嬉しいです。
  1. 2010/03/22(月) 18:57:53 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

ふむふむ

いつも勉強になります。
とても深く面白いです。
  1. 2010/03/22(月) 13:02:22 |
  2. URL |
  3. Rio #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/753-e9ac62b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。