わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハッブル3Dを観たら、はやぶさ思い出して泣いた

 お天気いいからお出かけ~、と、思ったら、カリフォルニア・サイエンスセンターのIMAX劇場無料券の有効期間が、今週木曜日で切れるではありませんか!タダやったら使わなあかんやろ!と、慌てて家を飛び出すわに一家である。我が家で大阪人は私だけのはずなんだけど、わに夫も私に負けず劣らずな大阪人メンタルの持ち主なのです。

 カリフォルニア・サイエンスセンターでは新しく、Eco Systemsが、先週木曜日にオープンしたばかり。見て、触って、動かして、様々なエコシステムについて学べる体験型の展示です。映画が始まるまで少し時間があったので覗いてみましたが、子供向けとはいえ、大人にも十分楽しい。「フジツボになってみよう」コーナーでは、潮に乗って漂うプランクトンに見立てたピンポン玉を網越しに捕え、

 
グローバル・ゾーンでは、直径180cmの巨大地球儀上の、潮流や気流をタッチパネルを通して操作してみたり、


ヒート・モニターで、砂漠に住む爬虫類と自分の体温の差を比べてみたり、


 何時間でも遊んでいられそうでしたが、IMAX上映時間なので、本館を後にしてお向かいの付属IMAXシアターへ。今日見たのは、「The Ultimate Wave: Tahiti 3D」と「The Hubble 3D」です。「タヒチ」の方は、サーフィン・チャンピオンのケリー・スレイター監修の、タヒチの自然と、サーフィンの魅力たっぷりの小品で、波をかぶっちゃったり、タヒチの土着神と融合しちゃったり、ビキニの女性の胸元が迫ってきたりと、3Dの魅力を存分に活かした映像が面白い。それにしても、ケリー・スレイター… この人、若い頃に「Bay Watch(a.k.a Babe Watch)」ってTV番組に、メインキャラのBFの高校生の役で出ていて、とってもカッコ良かったんですよね。それが今では、髪がないよ!見たくなかったかも知れない…
 手持ち無沙汰で大波を待っている間も倒木の上で跳ねてたり、皆が集まってお喋りしてるのに一人で後ろをウロウロしてたり(撮影してる間くらい、じっとしてろよw)、やっぱADHDだなと思った。深く物事を考えず、波だ!乗ろう!って、先に行動しちゃうADD気質じゃなきゃ、危険なサーフィンとか出来無いと思う。うちの分息子がスキーに行くと、◆◆だろうが何であろうが一切考えずに、坂だ!滑ろう!って滑り出しちゃうのと同じ(母ちゃん、心臓止まりそうだよ)。

 「ハッブル」の方は、ハッブルの撮った写真を3Dでたっぷり魅せてくれるんだと思ってたら、NASAのクルーがスペースシャトル乗って、ハッブルを直しに行く話だった。こちらは、わざわざ3Dじゃんくてもいいんじゃないかって感じ。3Dなのに、銀河って平べったいんだなぁ、って感じの映像なんだもん。ナレーションが、レオナルド・ディカプリオなんだけど、DVDを叩き売りに追込み、再放送じゃリチャード・アッテンボロー卿ナレーションによるBBC版にすり変わっていたという失敗作、アメリカ版「プラネット・アース」のナレーター、シガニー・ウィーバーに負けず劣らずの一本調子な棒読みで、無難にジェームズ・アール・ジョーンズとかに頼めばよかったのに…と、思っちゃった。レオナルド・ディカプリオも、シガニー・ウィーバーも、映画に出てるときは好きなんだけどなぁ。何はともあれ、ちゃんと直ってよかった。末永く頑張れ、ハッブル。

 それに比べて、たった一機、かなーりボロボロになりながらも地球を目指すはやぶさ。壊れても直しに来てくれるNASAはなく、自分で修理しながら大宇宙を飛ぶはやぶさ。カプセルを投下したら、地上に帰還すること無く燃え尽きてしまうはやぶさ…(TT) 公式フィルムでも「彼は」って言ってるし、「はやぶさくんの冒険日記」でも、「ぼく」って言ってるけど(でも、小惑星探査ロボットのMINERVAは、ミネルヴァちゃん)、イトカワ離脱時にネットで氾濫してた右の画像のせいで、なんだか「はやぶさちゃん」に思えて仕方がない。

 プラネタリウム公開用公式映画、「Hayabusa: Back to the Earth」は、号泣必至だそうですが、下は、ネット上ではかなり有名かと思われる、「探査機はやぶさにおける、日本人技術者の変態力」クリップです。笑いながら、はやぶさのの健気さに思わず泣ける名作です。未見でしたら、是非どうぞ。




  1. 2010/03/28(日) 22:21:56|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<This American Life:トヨタとGMの差は何だったのか | ホーム | 崖の上のポニョ:Don't think! Just feel it!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/761-b7e70b07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。