わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すごいぞ、ASIMO!

 お隣トーランス市のエル・カミノ大学で開かれた、「Space Science Day」に行きました。スペースシャトル・チャレンジャーと共に散ったオニズカ宇宙飛行士を偲ぶレクチャー・シリーズトの一環で、同じく日系人NASA宇宙飛行士のダニエル・タニ氏の講演に続いて、14種のレクチャーや展示から興味のあるものを見学し、参加した子供たちには、スポンサーのIn-and-Outバーガー提供の無料ランチまで付いてくるという太っ腹イベント。つい昨日、暇つぶしに読んでいた地元のフリーペーパーでたまたま小さな告知を見つけただけなので、それほど大規模な催しだとは予想していなかったのですが、行ってみれば既に会場に向かう長蛇の列!私たちが列の最後尾に並んだ後も続々と人が訪れます。ちょっと吃驚でした。知ってる人は、知っているイベントだったのね~


8時の会場を待つ人の列


宇宙飛行士のダニエル・タニさん

 International Space Station での最初の二日間は、宇宙酔いして大変だった、ホントはいけないんだけど水を真空中にフワフワと浮かべて上司が来たら慌てて全部飲み込む、地上に帰ったら重力に慣れるまで大変、なんて楽しい日常エピソードなど、宇宙が身近に感じられるような講演でした。講堂での講演会終了後は、自分の興味のあるテーマの各展示へと分かれます。でも、ほとんどの観客はそのまま講堂に残ったんじゃないかな。と、いうのも、次に舞台に登場するのは、Hondaの二足歩行ロボット、ASIMOくんなのだ。歩く、手を振る、握手する、走る、サッカーする、踊る、そして階段も登る!会場、大歓声。かっくん、かっくんと走る姿が愛嬌たっぷりです。アメリカのロボットって、なにかこう、スムーズでクールなイメージが有るのですが、日本のロボットはむしろ親しみ易さが強調されるようなのは、やっぱりアトムやドラえもんで培った、ロボット=友達の意識があるからでしょうか。


踊るASIMOくん


 息子達は、昼過ぎにはそれぞれのお友達の家に遊びに行き、夜にはわに夫と「ヒックとドラゴン(How to Train Your Dragon)・3D」を観に行きましたが、そうも3D映画見ると、目が疲れて肩こりする私はパス。ヒックとドラゴンなんて在り来りな邦題より、「ドラゴンの躾け方」とかって直訳した方が面白そうなのに。映画は、上息子によると「最高!」で、若息子的には「まぁまぁ」だったそうです。

  1. 2010/04/03(土) 22:06:28|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地震来て、中国における日本人死刑執行について考える | ホーム | The Greek Day>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/767-c2147208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。