わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本人の腸は神秘?!

 今週いっぱい、息子達は中間考査、来週は春休みです。全国的にアメリカでは、先週日曜日のイースターにかけて春休みだったの学校区が多かったのではないかと思います。そして日本では、新学期が始まったばかり。そこで、さぁ春休み、とは、ちょっとヒネクレてる?ともあれ、折角のお休みなので、来週中は近場で色々とお出かけを予定しているのですが、若息子がコンコン咳をしているのが気になるところ。私と同じく花粉症のアレルギーなのか、実は風邪なのか…

 科学はどんどん進歩しても、風邪の特効薬と花粉症の治癒法は未だ無いそうで、毎年アメリカ人は沢山のお金を、咳止めや喉薬、抗ヒスタミン剤に費やしています。我が家もその一員で、特に私は、本当にひどい花粉症の症状に悩まされたものですが、テキサスに住んでいた頃、体質改善治療を受けて以来、マシになりました。しかも、その治療のおかげで猫アレルギーが解消されて、今じゃ猫二匹と同居中なので、十分に価値はあったと思っていますが、花粉アレルギーは完全に克服とはいかなくて、未だ抗アレルギー剤にお世話になりっぱなしの私としては、本当は開発出来ないんじゃなくて、製薬会社が儲けるために売らないんじゃないのぉ、なんて、やっかみたくもなる。

 そういえば、フランスの生化学者、Mirjam Czjzek氏(一体なんて読むのか見当もつかんし、何人なのかも全く分からん)が、日本人の腸内だけに存在する、海藻を消化する酵素を発見したとか。ホォ、これはおもしろいと読み進めていくと、この研究の対象は、たった13人の日本人と18人の北米人。日本人では13人のうち5人がこうした腸内細菌を持っていたが、18人の北米人は持っていなかった、だって。しかも、この腸内細菌が人の海藻の消化に与える影響も、海藻を食べない人の中でこの細菌がどうなるかについても今だ不明。いい加減な研究だなぁ。それを勇んで発表する側もヲイヲイだけど、それがまた日米でニュースとして伝えられるのも、何でも発信すりゃいいってもんでも…orzって、気がしないでもない。まるでこんな狭い範囲での研究結果が、世界中で報道されたからって、いつの間にか常識化しちゃうのかなぁ?なんだか、都市伝説の誕生を見たような気がするわ…


  1. 2010/04/08(木) 22:43:02|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイタンの戦い:Clash of the Titans | ホーム | Democray in Action>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/772-a66d0f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。