わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レクサスSUV販売一時中止

 上息子に虫歯ー!!だーかーらーっ!歯磨きはきっちりしなさいって、口酸っぱくして言ってるのに!歯の治療費は高いんだから!怒!怒!怒! 治療費の予算を組んで、暫く歯医者さんに通わねばならなくなりそうです。んっもー!

 ドンヨリとなりつつ、運転しながらラジオを聴いてると、コンシューマー・レポート誌に「買ってはいけない危険な車」の評価を受けて、トヨタが対象のレクサスのSUV、GX460を一時販売停止するとのニュースがあり、これは一体どう捉えるべきなのかと家につくまで悩んでしまいました。コンシューマー・レポートは、広告やスポンサーを一切受け取らずに公平な立場を貫く非営利消費者団体で、その評価結果は、高い信頼を得ています。今回のレクサスの安全性に対する評価も、アメリカのトヨタ叩きの一環と軽んじるのは軽率な見方です。

 例えば、コンシューマー・レポートは、ブレーキ制御問題や急加速が取り沙汰されている最中にも関わらず、プリウスは燃費その他の面で優れたお買い得の車種であると太鼓判を押しています。そんなところにも、世論には左右されず、独自のテスト結果に対して絶対の自信を持っているところが伺えるのではないでしょうか。そして実は、過去の評価を見れば、コンシューマー・レポートは、かなりのトヨタ贔屓。ハイブリッド車部門でのプリウスのみならず、多くのトヨタ車を「お買い得」な優良車として推しています。このレクサスSUVへの評価を含む今年の自動車評価を私は未読なのですが、多分、例年通り、8部門全て、若しくは殆どの部門で、トヨタ車を「Best Buy」として上げているのではないかと思います。因みに、この8部門とは、コンバティブル、SUV、小型車、セダン、ミニバン、ワゴン車、ピックアップ・トラックにスポーツカー。

 トヨタ社が、リコール対象ではないGX460の販売を、安全性確認のために自主的に一時中止するのも、コンシューマー・レポートの評価をそれだけ重んじ、信用しているからでしょう。指摘された問題とは、「高速で急なカーブに差しかかった際に、後輪が外側に滑りだして路肩にぶつかったり、横転事故につながる可能性がある」というもので、この原因は、「車の姿勢を立て直す働きをする電子装置の作動するタイミングが遅れる」からとしています。また、電子装置か…

 このトヨタの動きを、どう評価するか…というのが、私の悩んじゃったトコなのですが、果たしてこれは、「またかよー!ホント信用おけない車だな」と、トヨタ・ブランドにとっての一層の打撃となるのか、転ばぬ先の杖で今回は迅速に対応して、「グッドジョブ やっぱトヨタはやるじゃん」と、評価挽回のきっかけとなるのか。コンシューマー・レポートは後者だろうと思うのですが、アメリカの一般消費者がどう捉えるか、なかなかに興味深いと思うのです。国外に居ると、日本の会社の評判は、身内の評判みたいに気になるのよ~


  1. 2010/04/13(火) 22:48:37|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Palos Verde:のベスト・ランチ・スポット!  | ホーム | 亡霊化中>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/777-6646f8c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。