わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いちキュー84

 今朝、「くるねこ大和」さんのブログで、「1Q84を「アイキュー84」と読み間違えてた」という言葉に初めて、今大人気らしい、この村上春樹氏の本が「アイキュー84」ではないと知った、わにです。「I」じゃなくて「1」なのね。いっきゅう・はちじゅうよん?一休さんが84歳の時のお話?それとも、一休さんが1984年にタイムスリップ?!(違うだろうな…)

 1984年といえば、日本はバブルの兆しが見え始めた頃でしょうか。ウィキ先生によると、バブル時代は1986年11月から1992年2月だそうなので、モコモコと泡が立ち始めたころ?「ネアカ」が持て囃され、なんだか明るい雰囲気が街には漂っていました。「私はコレで会社をやめました」なんてCMが流行ってたな…と、レトロとかノスタルジーとか言われる時代を、実際に体験し、懐かしく思い返せるトシに自分もなったか、と、ふと、ガーン!(漫画だったら、顔に縦筋状態)

 丁度、そんな1980年代半ばの杉浦日向子氏の作品、ちくま文庫「大江戸観光」中に、上の令子(じょうのむすこ:お坊ちゃん)の項がありますが、曰く「シャラリシャラリと浮世を生きるお坊チャマがいっち強い。生まれ落ちた家が、とびきりの金持ちなら、現職の首相の名なんか知らなくたって困らない。万事がおっとりとして、アーパーのように見えても、実はかなりしたたかだったりするんだよね。」とあります。その、首相の名前なんか知らなくても困らない、とびきりお金持ちのお坊ちゃまが首相になっちゃったのが、麻生さんや鳩山さんなんだけど、現首相の鳩山さんは「実はかなりしたたか」の部分、大丈夫なのかなぁ?

大江戸観光 (ちくま文庫)大江戸観光 (ちくま文庫)
(1994/12)
杉浦 日向子

商品詳細を見る

杉浦さんの漫画も大好きです。惜しい方が、余りに早く逝きすぎた…

  1. 2010/04/20(火) 21:04:35|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<主婦の再就職 | ホーム | 普天間問題と日本への危機感>>

コメント

Prof. Miyata

1984年、アフリカの危機…そういえば、オリジナル「We are the World」は1985年でしたね!
私は当に井の中の蛙。世界のことなど判った振りして新聞読んで、実は何も知らないアホ大学生でした。

かつて日本のエリート官僚は、骨身を削って働き、日本政府のアトラスとして日本の政治を、外交を支えていました。
それが、何時の頃か、官僚が権限を持ちすぎだ、なんて言い出す輩が現れ、本当に政治家達が政策判断を下し始めるようになってから、日本は変な方向に向かい始めた、そして、政権が変わってもある程度は秩序が保たれていた時代から、今のように、現職政権が一気に、国民生活を脅かし、世界での評判を貶めることが可能になってしまった…と、言えば、反論も多いでしょうが、私はそう思っています。「プロ」である官僚のサポートと政治家のタッグがあったからこそ、日本は成長し、安定したのだと。
  1. 2010/04/22(木) 18:09:02 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

Demeeさん

すっごい売れてるそうなので、来年の今頃には、古本屋さんの$1棚に並んでるだろうと踏んでる私も、せっこー!ですw
私は、バブル真っ最中期間中を、アメリカに来ていて逃しているのです。勿論、バブルのおかげで留学も出来たようなものなのですが、日本で、あの時代を生きなかったのは、本当に惜しいことしたな、って思ってます。

村上春樹は、フィッジェラルドの翻訳で知った変則型なんだけど、春樹作品は短編のほうが好きなんです~
  1. 2010/04/22(木) 17:57:48 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

やぎ

闇に葬られた可能性が高いような気もしますが、誰かが「Oh!This is perfect!」とかって買っていったと想像すると、結構楽しいですね(他人事だけに)
今日、NPRを聞いていると、サファリに行ったのがきっかけで剥製造りにはまって、本まで出した女性のインタビューがありました。
剥製作り… そんなモンにはまる人もおるんやー、と、ほえー(@_@)でしたが、この女性なら買うかも??

何か情報を仕入れたら、報告しますわっ!
  1. 2010/04/22(木) 17:54:01 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

1984年

1984年は、「アフリカの危機」の真っただ中。12月3日、国連総会は、決議39/29"Declaration on the Critical Economic Situation in Africa"を採択しました。この頃、深刻な干ばつが続き、特に、エリトリアの分離独立闘争など、内戦を抱えていたエチオピアなどでは多くの死者を出しました。
翻ってJ国は、ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)の実施がいい加減だとして国際的非難を浴びていました。外務省国連局の環境担当官は、7か月間、毎週月曜日に1週間分の着替えを持って出勤し、毎日午前3時過ぎまで働き、仮眠室にこもった後、午前9時前に起き出して、9時に開く食堂で朝食をとりました。その後、トイレで歯を磨いていると、出勤してきた参事官から「今日も泊まったのか。」と言われ、そして9時半には、通産省に電話を一発入れて戦闘再開。日曜日の朝一番の電車で帰宅する毎日でした。今こうしてこのブログに書き込みをさせて頂けるとは、何と幸せ。
  1. 2010/04/22(木) 07:10:05 |
  2. URL |
  3. Miyata Haruo #-
  4. [ 編集]

'92以降も結構引きずってました。狂乱をね。
私なんて、いまだにしょってます。エへッe-257

春樹好きの私もIQ84はまだ読んでません~。
単行本結構高かったから。文庫待ちぃ~。なんて、セッコォ~。
でも文庫も分冊されてしまえばそんなにかわらないんですよね。
いいやいつか古本屋さんで。

彼は英語でも書いてるんじゃないんですかね~、これ。
わにさん読んだ?
根底はオーウェルでっせぇ~。

久々のボクちん、あげましたぁ~、観てねん。

hih
  1. 2010/04/22(木) 04:28:38 |
  2. URL |
  3. Demee #-
  4. [ 編集]

わたしもてっきり。。。

わにさんと一緒でIQ48だとばっかり思っていました。
いち きゅう はち よん なのですね!

あのやぎちゃん お嫁に行ったのでしょうかね!
とっても気になります。また 情報がわかったら
是非教えて下さいね♬
  1. 2010/04/22(木) 02:14:28 |
  2. URL |
  3. ばんび #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/785-93a4e15d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。