わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LAは、ぼっけえ、きょうてえ!

 ガーデナのBook Offに、他の宗像教授シリーズはあるかと探索に行ったわにです。お目当ての本はありませんでしたが、はい、代わりに「ぼっけえ、きょうてえ」を買いました。怖い話は苦手なんですけど(理由は怖いから)、この本は良い評判を聞いていたし、何より明治期を舞台に民間伝説的な要素を大きく含んだ作品らしいということで惹かれたのです。昨日から「宗像教授シリーズ」に嵌ってるのも、この民話・伝説・奇談系に食指が動いてしまうせいやし。これってきっと、テレビで見ていた「まんが日本昔話」に根っこがあるんではと思います。なぜか柳田国男を読んでも、脳内ナレーションの声が、市原悦子と常田富士男なんだもんw

ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)
(2002/07)
岩井 志麻子

商品詳細を見る

 で、今日買ったこの(↑)本ですが…ぼっけえ、きょうてえ!!!!(←岡山の方言で、とても怖い、って意味だそうです。)表題作を読み終わったとき、泣きそうなった。これは後を引く。読むんじゃなかった。でも、もう遅い(号泣)

 でも、同時収録の他3編はネタとオチが同じで、読み終わる頃には飽きてしまいました。それに、表題作の最後にドン!とくる怖さには、とても及ばない。岡山弁による独特の語りも雰囲気を盛り上げているのですが、同じ文調が続くと慣れちゃうし。「耳元に生臭い息がかかる」というのが共通して使われているモチーフなんだけど、つい、うちの肩乗り黒猫の鼻息を思い出してしまったw

 横溝正史と岩井志麻子のおかげで、私的に岡山県は大層怖いところであるという偏見が植え付けられました。でも実は、私の住んでいるロサンゼルスも、どえれー怖いところである、と、思ったのが、今日観た映画「フェイク・シティ ある男のルール(原題:Street Kings)」です。偉い人は汚職しまくり、弱みを握れば即脅迫、街には機関銃をもった輩がウロウロし、刑事はいきなり踏み込んで問答無用で皆射殺、丘の上には死体が埋まってるし、道では逆行してカーチェイスおっ始めるし、韓国人に「コンニチワ」言ったらフルぼっこにされるし…

 かつては、アメリカはメルティングポットなどと言われたものですが、全米でも最も様々な人種、文化が共存し、その歴史も長いこの街においても、互いに融合しあっているなんてことは、ただの幻想に過ぎないことが、如実に示されているような映画です。Multi-raceな子供たちが生まれ始め、増えつつある今、やっと、いつか人種による違いは少し重要性を失うかもしれないという期待を、私は持っているのですが、この映画のヒーロー演じるキアヌ・リーブス(幾つになっても若い人だね。警官歴の長いベテランってのが説得力無いほど若く見える)は色々混じってるのに、この映画の中では「ホワイト」って立場で思考・行動する役です。偶然なのか、意図的なのか、悪いヤツは黒人、チンピラな手先はラテン系、で、良いヤツは白人って配役が意味深。

 ところで、人気TV番組{House」の主演、ヒュー・ローリーが出てるんだけど、薄いの、後ろが(泣)!「House」の時はカツラだったの?知りたくなかったー!

  1. 2010/05/19(水) 22:20:30|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<アリゾナ州の反撃にLA市ピンチ?! | ホーム | はまってしまった…orz>>

コメント

いや~ん、一緒に悪夢にうなされてもらおうと企んだのに、残念。
 この作品は、なんと映画化もされたのだそうです。しかも、作者の岩井志麻子さんが怖い役で出演しておられ、つい、その写真を見てしまって、益々怖くなりました…orz

こんなのを心の中にしまうのはいやです(滝涙)
  1. 2010/05/24(月) 00:01:00 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

せっかくですが...

「ぼっけぇ、きょうてぇ」は遠慮させて下さい。^^; 今回の映画はたまたま怖い映画でしたが、私も普段は怖い話は極力避けています。 Thriller とか Mystery は好きなんですが、怖いのはやっぱ辛いです。わにさんが泣きそうになるくらい、「ぼっけぇ、きょうてぇ」は怖いようなので、そっとわにさんの心の中にしまっておいて下さい。(ってそれは嫌?笑)
  1. 2010/05/23(日) 22:16:08 |
  2. URL |
  3. まさこ #73DAy5m2
  4. [ 編集]

まさこさま

映画ですか…文章でも後を引くのに、映像付きだった日にゃ…(滝涙)

まさこさま、「ぼっけぇ、きょうてぇ」読みますか?送るよv
  1. 2010/05/23(日) 12:03:32 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

怖い映画

私達もゆうべ観ました。1408 っていう映画なんですが(スティーブンキング、多分)、途中からずっと胸がバクバクしてました。私も怖い映画は苦手なんですが、面白かったです。わにさんは今回既に一度は怖い思いをしているのだから、ついでにもう一度怖い思いをしてみて下さい。ちなみに NetFlix で借りました。
  1. 2010/05/22(土) 08:33:52 |
  2. URL |
  3. まさこ #73DAy5m2
  4. [ 編集]

tobiouさん

横溝のロケ地、凄く行ってみた~い!
旧い旅館に泊まりたいです!!
  1. 2010/05/21(金) 19:30:49 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

宇宙ハンター55さん

はい、早速観ました。見ごたえありました。ありがとうございました。

実は私が初めてLAに来たときに、LAに持った印象も「大阪みたいだ」でした。
全体が動物園周辺とあいりん地区と生野区で、なぜか機関銃を車に積んだヤクザが徘徊してるってんじゃなくて、どことなく雑然とした所や、気取らないところが、ですが。

海の見える豪邸に住んでるのは中国人華僑で、海の見える今度に住んでるのは日本からの駐在さんも多いです。
最近は、クリーニング屋さんも植木屋さんも、みんなメキシコ系ですね。
  1. 2010/05/21(金) 19:29:26 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

岡山 横溝のロケ地に連れられていって
わたしも同じイメージよ。
雰囲気あるよ、昔の風習とか昔の風景とか。
少し山間だとほんと明りも少なく、言葉のイントネーションまで。
  1. 2010/05/21(金) 06:20:09 |
  2. URL |
  3. tobiou #-
  4. [ 編集]

フェイクシティー、見ましたか。

この映画を見るまでのLAは、刑事コロンボの世界で、金持ちは海の見える豪邸に住み、中国人はクリーニング屋を営み、日本人は植木職人をやっているイメージでした。

この映画を見てからのLAのイメージは東京の人が持っている大阪のイメージです。

  1. 2010/05/21(金) 03:13:06 |
  2. URL |
  3. 宇宙ハンター55 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/815-5a9ab00d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。