わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鳩山首相、遂に辞任!!

 鳩山首相、小沢幹事超が退任!つい昨日は、「続投ですか」の報道陣からの質問に、親指立てて辞任の意思なしとのポーズを見せたばかりだというのに、この怒涛の展開に吃驚すると同時に、「やっと辞めるか」という安堵の気持もあります。国民の期待を裏切り、売国奴かとも思えるような日本の国益に反した悪策の数々、無駄に騒いで日米関係をこじらせ、住民の不安を煽っただけの普天間基地移設問題、外国人に税金をばらまくような子ども手当等々、非難されるべき事には枚挙に遑がありません。そして、鳩山首相の後ろに、小沢幹事長が控えていたのは、周知の事実。二人揃って去っていってくれて、正直なところ、私は少し安心したような、嬉しい気持が隠せません。

 鳩山辞任を伝えるウォール・ストリート・ジャーナルのHPでは、「Hatoyama to Resign Over Base Row(鳩山、基地問題で辞任)」と、普天間の海兵隊基地移転お公約を果たせなかったことが、今回の辞任の直接の原因という見方をしています。他にも、不透明な政治資金団体への疑惑、10%代にまで落ち込んだ支持率(ってゆーか、未だに支持してた人って一体どんな人なの??)など、要因は基地問題だけじゃないと思うんだけど、アメリカ的には矢張り基地問題が焦点なのでしょう。明日の新聞には一斉に、今件の解説が載るはずです。各紙の意見が見ものです。


 びっくりといえば、アルとティッパーのゴア夫妻が離婚とのニュースにも驚きました。これは、ゴア氏が政治的野心を諦めた、と、解釈してもいいのではないかと思います。離婚率が高いにもかかわらず、基本的にキリスト教理念のはこびるアメリカでは、離婚は政治家生命に関わる問題。しかも、結婚40年、大統領選の際にもおしどり夫婦ぶりをアピールしてきただけに、離婚は確実にゴア氏のイメージをダウンさせます。今や環境保護活動で名を成し、グーグルやアップル社でのポストも得たので、政治生命の方はどうでもよくなったのでしょう。それでも、アメリカの政界に一つの区切りがついたような気がします。

ご賛同頂けたなら、一押しお願いいたします
  1. 2010/06/01(火) 22:31:03|
  2. 政治・外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<政治、ブログ、国民の声 | ホーム | 流出原油、大西洋クロマグロ産卵地を直撃>>

コメント

場所替えです

こっち(www.latimes.com/news/nationworld/world/la-fg-japan-resign-20100602,0,3831078.story)に残ってます(怒) 

20年近く前ですが、沖縄の海兵隊員が12歳の女の子に乱暴したこともありましたね。
「騒音と混乱」だけで済ますな!って、私も文句書いちゃるですよ!
  1. 2010/06/03(木) 00:30:31 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

Noise and disruption

あんまりムカついたんで、LA Timesに文句投稿しようと思ってもう一度記事を読んでみると、なんと‼ "noise and disruption" の表現がなくなっておるやないですか! 朝には確かにあったし新聞紙にもキチンと証拠はあるのですが、たぶん誰かが先に 「あんたそれは殺生でっせ」と文句を言ったのでしょう。わにさん⁇
  1. 2010/06/02(水) 20:23:36 |
  2. URL |
  3. Honda #fIoVb3AI
  4. [ 編集]

Demeeさん

この八ヶ月は一五分間の名声。
サンダルかけで近所のスーパーにお使いの方が、本人にも良いのかも知れませんね。
奥さんはゴネたそうだけど、ま、お金は十分すぎるほどあるし、今後も華やかな生活は出来るでしょ。
  1. 2010/06/02(水) 14:36:52 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

Hondaさん

ほんと、わびしいですねぇ…
「海兵隊」は、一応こっちじゃエリートだし、イメージの悪くなるような事は隠蔽なんでしょうか。
日本ではむしろ、「海兵隊」といえば鼻つまみの印象の方が強いですが。

日本でも「公約」なんて選挙時の舌先三寸という見方だったと思うのですが、今回は大前切りすぎた?
「在日外国人」の件は私もそう理解していましたが、実際のところはどうなんでしょうねぇ?どなたか詳しい方、おられたら、教えてください(><)
  1. 2010/06/02(水) 14:33:25 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

Miyata教授

ビーチの方はイモ洗いになることは無いと思うんですが、パーキングがもう大変、大変状態でした。

 全く同感です。やらない善意より、やる偽善。

 子ども手当にしても、ただ現金をばらまくのではなく、保育園や学外保育を充実し、子供向けにスポーツ振興、地方自治体主体のスポーツや習い事の手頃な価格でのクラス補助金助成、奨学金等、親の負担を軽減すると同時に、子どもたちの生活を充実させる方法を取った方が、経済活性にも有効なはずです。

 国家は人間の水着。名言ですね。昨今はハイテク水着ができていますが、人間のパフォーマンスを助けるための国家でなければいけませんね。


オザワとぽっぽは二人羽織りでしたもの、一緒に出てってくれなきゃ。でも、今日の報道を見ていると、引導を渡したのはオザワの方だとか??
  1. 2010/06/02(水) 14:08:08 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/06/02(水) 09:13:01 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

小沢も道連れにしたのぉ~?
それは知らなかった。エヘッ。

ハァ~、なんだったのこの人たち。

最近ポッポの顔がむくみはじめていたんだよね。
そろそろかいなって思っていたらネェ~。

でも首相となったステイタスは残るから、また肩の荷が降りたら、
外野で大物ぶるんだろうなぁ~。

サンダル姿が一番似合っているということでした。チャンチャン。

hih
  1. 2010/06/02(水) 09:05:21 |
  2. URL |
  3. Demee #-
  4. [ 編集]

わびしいですなあ

今朝のLA Timesで読みました。htp://www.latimes.com/news/nationworld/world/wire/sns-ap-as-japan-politics,0,7361259.story 率直な感想は、”敗戦国はわびしいなあ" です。 Marinesの強盗、殺人、強姦などの行為が "Noise and disruption" だけで片付けられるようでは、いかに沖縄の現地の人たちの気持ちが、こちらのメデイアに伝わっていないかのはっきりしたあらわれでしょう。

”外国人”政策は、真意から外れっぱなしで終わったみたいです。僕が理解している限りでは (間違ってたら訂正してください)、もともと参政権を与えたりSocial Services を配布したりするターゲットは、戦前、戦中に無理やり日本につれてこられて、そのまま居ついた、でも日本の国籍をとるつもりもない、”外国人"とその子孫だったと思うのですが、まったくちがう方向に行ってしまい、悪用する者も出たようですね。

あと思いましたが、日本の場合、"公約”というのは大事なんですね。 こっちでは ”Campaign promises" なんか "いろいろ検討した結果”ぼろぼろ破られるんですけどね。 公約を守れないのと嘘つきというのは別だと思いますが、日本国民はそういうのは許さないんですなあ。
  1. 2010/06/02(水) 08:13:48 |
  2. URL |
  3. Honda #fIoVb3AI
  4. [ 編集]

一つだけポッポオジサンを評価できること

小沢を道連れにしたことだけは評価します。
  1. 2010/06/02(水) 07:04:22 |
  2. URL |
  3. Miyata Haruo #-
  4. [ 編集]

善意は善行を保証しない

「いつもなら空いているトーランス・ビーチ」も、湘南の常識からするとがら空きですよ! 「混んでいる 」というのだったら、イモを洗わなくちゃ!

「未だに支持してた人」は、身近のそういう人の発言からして、ポッポさんの「善意」を信じている人だと思います。しかし、佐藤寛「開発援助の社会学」の冒頭にあるように、「善意は善行を保証しない。」

「税金をばらまくような子ども手当」に対しては、佐藤寛の言葉「安易な施しは人を堕落させる」。勿論、Amartya Sen:人は、政府や援助団体が何かしてくれるのを待っている受け身の存在(passive recipient)ではなく、生活を良くするために自ら行動する主体(agent)。そこで、開発において核心を成すのはindividuals' capabilities (自分たちの生活を良くする個人の力)なのだから、お金をあげる、モノをあげるのではなく、capabilities=生活を良くする個人の力(健康、教育等)を向上させるべき。まずは、一人一人が働いて自ら生活を良くする条件を作ること。そのために、保育園を整備するとか、幼い子どものいる親の働く環境を整備すること。(と、イモおじさんは思うのです。)

でも、「日本の国益」というのは危ないですよ。北島康介が言ったように、「泳ぐのは僕だ(I am the swimmer.)」。つまり、国家は、我々人間の水着なのですよ(国家水着論)。或いは、国家は、人類共同体のconstituencies。国家は、人間の生活を良くするための手段。そして、確かに、我々は、直接には国家を手段としているが、国家は、国家内の人間だけでなく、人類全体のために機能しなければならないのですよ。
  1. 2010/06/02(水) 07:00:12 |
  2. URL |
  3. Miyata Haruo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/828-b215d914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。