わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マクリスタル司令官の腹の底?

 今日は、中国人民元の弾力化か、番狂わせ続出のサッカー・ワールドカップの混乱ぶりについて書くつもりでしたが、ニュースもラジオも、アフガニスタン駐留の国際治安支援部隊(ISAF)司令官、マクリスタル将軍が、「ローリング・ストーンズ」誌のインタビューで、バイデン副大統領をこき下ろすなど、政府高官や中央政権を激しく批判したことへのコメントの氾濫。つい私も影響されて、一言いいたくなっちゃったですよ。

 ギブス大統領報道官によると、このインタビュー記事を読んだオバマ大統領は「とても怒っていた」そうで、マクリスタル司令官を本国に召喚して、直接話しを聞くということ。実は、司令官が大統領に呼び出しを食らうのはこれが二度目(前はホワイトハウスじゃなくて、エアフォースワンだったけど)なんか、悪いことして校長先生のオフィスに呼び出されたいたずらっ子みたいな扱いだ。

 この記事の中での主な問題発言は、サンケイ新聞のウェブサイトで紹介されていますが、これらの発言はマクリスタル司令官の進退に関わり、場合によっては更迭もありうると予想する声もある一方、イラク駐留米軍司令官のペトレイアス将軍と並んで、代わりになるような適任者は他に居ない、アフガニスタンのカルザイ大統領の支持を得ており、何より部下からの信頼も厚いマクリスタル司令官の職を解くのはムリ、という声も。でも、誰もが声を揃えて言うのは、「マクリスタルはんは一体何を考えとったんや??」ということです。切れ者として知られるマクリスタルはんが、調子にのって娯楽誌のインタビューアー相手にベラベラ喋ったとも思えない。

 この騒ぎに、マクリスタル司令官自身は既に辞意を伝えたとされていますが、このインタビューの内容が公にされることを十分承知で、敢えて現政権を批判したマクリスタル司令官は、本当に「何を考えて」発言したのでしょう?自分に立ち替わるだけの人材はいないという目算の上で好き勝手言ったのか、軍力出し惜しみの現状では勝算は全くないと踏んで、負け戦の責任を課されるよりは、後で「オレの言った通りじゃーん!」と政界デビューでもするつもりなのか、真相は本人のみぞ知る(?)ですが、何か腹に一物あることは確かだと思われ。

 「ローリング・ストーン」誌は米国ではそれなりの権威を持ってはいますが、娯楽誌としてエンターテイメント性を高めるために、必要以上にセンセーショナリズムを煽った報道をした可能性もあります。その場合は、老舗雑誌としての信頼性にも関わるでしょうjから、これを掲載した側にも、覚悟が必要だったのではないでしょうか。

 司令官の処置は、明日には明らかになるだろうと思いますが、今回の事件で、中央政権と軍のギクシャクした関係が、一層、明るみに出されたことは否めません。ベトナム兵役逃れが非難されたクリントン、藪息子に続いて、兵役経験ゼロのオバマが、米軍最高司令官を努めることへの疑問の声も活性化しそう。次の大統領選では、反動で右化が進むかもしれない… はっ!そこでマクリスタル候補登場かっ?!

 ところで、「まくりすたる」の変換第一候補は「魔クリスタル」だった。なんか、召喚獣でも呼べ出せそうw


どうか励ましの一押しを!
  1. 2010/06/22(火) 22:58:59|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昔、アメリカは自由だった | ホーム | 初めてのディズニーランド!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/849-0797572e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。