わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オペレーション・ウミガメの卵を救え!

 昨日のLA Timesに出ていた、一日古いニュースなのですが、アメリカ連邦魚類野生動物保護局(USFWS)の要請を受けた、Share the Beach-Sea Turtle Volunteer Programの呼びかけで集まった数百人のボランティアが、流出原油に汚染された海域から7万個のウミガメの卵を救うため、砂浜から卵が掘り返しています。FEDEX車の寄付した特定のカートンに詰められた卵は、フロリダのケープ・カナベラルへ送られ、倉庫内で孵った小亀たちを、原油に汚染されていない海へ返そうという計画です。

 過去にも、ハリケーンに見舞われる海岸から掘り返された卵が移動されたことはありますが、これだけ大規模に、遠距離を移動した例は未だかつてありません。未曾有の移送計画だけに、この計画がうまく行くかどうかの保証は全くありませんが、他に手がないのも事実。絶滅の危機にあるウミガメを汚染から救うための、最後の手段です。この記事の原文は、ここから読めますが、いつも自然保護だ、海洋生物を救えだって大騒ぎしてるくせに、シーシェパードやグリーンピースって、カメの卵を掘り返しにすら行かないのね。ほんと、口ばっかり。むしろ、自然違反して卵を移動させるな、って、邪魔しにこないだけでもマシかしら?(←PETA辺り、ほんとうにやりそうでコワイけど)


 ところで、わに夫は自分の業界関係者の会合に参加するため、サンフランシスコの北にあるオークランドに行ってるんだけど、会議はどうだった?ってきいたら、「ゲイの人が無闇と多いんだけど!」だって。さすがサンフランシスコ!


カメは恩返ししてくれるよ
  1. 2010/07/16(金) 21:39:04|
  2. 環境問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<夏の夜のハンティントン・ライブラリー | ホーム | Change!1930年代以来の大改革>>

コメント

本当に(><)
私も近ければ、卵を掘り返しに行きたいです。

一般には公開されない悲惨な状況もあるのではないかと思います。
  1. 2010/07/19(月) 22:28:31 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

かめ飼って、海好きの私

近ければボランティアいくんだけど。

ほんと目をあけてみれないくらいな状態で
悲しいなあ

  1. 2010/07/19(月) 04:18:53 |
  2. URL |
  3. tobiou #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/872-794e2591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。