わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

少年たちは海を目指す

 息子達をマリーナへ送った後、ハーバーで海へ出て行く船を待ち構えました。若息子の船は、姿が見える前から直ぐ分かります。大声でギャーギャー騒いでる声が聞こえるから(あう…orz)。下の画像の水色パーカーが若息子、立ってる黒シャツがインストラクターのお兄さん。なぜか女の子二人が漕いで、男の子二人は座ってるだけ(ヨットはインストラクター+子供4人)。目の前を通りすぎるとき、みんなが一斉に私の方向にもたれて手を振ってくれたので、ヨットが引っ繰り返りそうになりました。実は下の写真は、慌てて逆側に立ってバランス取ってるトコ。上息子は今日は25ftヨットに乗船し、ハーバーのもう一方の出口から出港したので見ることは出来ませんでしたが、なぜか頭にワカメを乗せて通りすぎていった若息子を見たら、十分すぎるほど脱力したから、もういいです。あう…

025_20100722140206.jpg
大海へ乗り出す…んだけど、漕いでるし~w

asika.jpg
彼はいつも群れを離れ、このブイで孤独を楽しんでるそうだ


 ここで話題を急展開して、公用語を英語に切り替える国内企業が増えつつあるそうですね。まずユニクロが、国際化と外国人従業員の増加を理由に、会議での会話や公用書の作成原語を英語にしたそうですが(国際化の一環でLAにも出店してってば~!)、楽天もそれに続き、なんでも社内食堂のメニューまでが英語(ローマ字)になってたらしい。ミツワのフードコートみたいなもん?

 この、公用語英語化のココロは、「コミュニケーションを英語にすることで国際化を図る」んだそうですが、技術翻訳業者として、んなコトされたら商売上がったりやんか!という個人的事情を差し置いても、なんか方向がずれてるような気がしてならないんですが。要は、コミュニケーション能力向上が必要なのであって、英語を使うこと自体では無いんではないの?英語は世界で一番通じ易い原語だから、無理矢理、今日の表題になぞらえても、海に出て通用するのは日本語ではなく英語なんで、確かに使えれば便利だけど、それで自動的に国際化に繋がるかといえば、それは違うんではないかと。メインは「英語」の方じゃなくて、「コミュニケーション」なんじゃないかと。

 確かに自分の母国語以外で話し、書こうとすると、思った事をそのまんまポンと出すのではなく、考えを他者に伝える前に、一旦別言語に置き換え、日本語とは全く構成の違う英語に文章を組み立て直すというプロセスが加わり、それによって、言語感覚は磨かれるかも知れません。例えば、我々、翻訳業者の泣き所である主語。日本語では主語を曖昧なままに、動詞と形容詞だけでも文章は成り立つけど、英語じゃ先ず主語ありき。これには考え方の一大転換が要求されます。

 英会話や翻訳は、ただ日本語をそのまんま英単語に置き換えるという作業ではありません。可能な限り正確に変換すると同時に、相手に分り易いよう、より自分の意思を正確に伝えるよう、時には異なった文章に置き換えねばなりません。たとえ母国語でのコミュニケーション能力が優れた人でも、この「置き換え」過程の中で、明快な思考が失われる危険性があります。まぁ、エラソーにイッチョ前ぬかしとりますが、ここで我が身に当て嵌め、自分のモットー5Eに照らし合わせても:

  Economical(経済的): 翻訳料は節約できるが、英語教育に掛かるお金で逆に負担増かも

  Efficient(効率的): 一々通訳しないんで効率上がるかも知れないけど、言いたい事が上手く表現できず無駄に時間食うかもという罠が(時間かけたからって、相手にちゃんと伝わったかどうかはまた別問題)
 
  Effective(効果的): 本当に自分の言いたい事がスラスラと出てこない状況で、効果的にプレゼン出来るのか謎

  Effortless(努力しない):外国人社員は日本語学ばなくていいから良いけど、だったら何でわざわざ日本企業で働くかね?

  Environmental(環境にヨロシイ):公用書を日英2種類作らずに済むんで紙の使用量は減るし、英語は複雑な日本語の印字よりインクを使わないんで、これはヨロシイかもしれない。でも、日本人同士で英語で喋るのは気恥ずかしいんで、つい会話を避けがちになり、職場の雰囲気って意味では宜しくないかも

と、どうも悲観的な方向に向いてしまう。英語できるに越したことはないけど、他の環境は変わんないのに、いきなり今日から英語圏!ってのは、社員の皆様の苦労が忍ばれます。だってさ、在米日系企業の方でも、昨日まで日本人の同僚同士は日本で話してたのに、今日からオフィスは日本語禁止!とか言われたら、うげー!なると思うんですが、如何でしょうか?


Please crick the banner above.
  1. 2010/07/21(水) 22:16:58|
  2. ああ息子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ミケのお出掛け | ホーム | American Nostalgia>>

コメント

tobiouさん

オットセイ、アシカ、アザラシは年中ハーバーでクワッ、クワっ言ってますw
若息子は本当におっちょこちょいなんですよ。ちょっとは落ち着いて欲しいんですけどね~
  1. 2010/07/23(金) 20:24:41 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

ラグナおゆみさん

そうそう、正に「陳腐」という言葉がぴったりに感じます。

トヨタ社長は、堂々と日本語でひるまず通せばよかったと思うのです。
プーチン大統領は、アメリカに来たからって英語でスピーチしませんよね。

>突然会社の公用語を英語にして仕事出来るんでしょうかね?
本当に、そこが気になります。社員の方はどう思っておられるのでしょうね?
日本人同士で一生懸命、汗をかきかき、無理矢理英会話?

私なんかに十年以上アメリカに住んでても、日本人の方と英語でしゃべるのは気恥ずかしいのに、昨日まで普通に日本語で話してた同僚と急に英語なんて… 想像しただけでもイヤン
  1. 2010/07/23(金) 20:23:16 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

頭の上にわかめv-290

ちゃめっけたっぷりやね!!

動物園でしかみれないおっとせい?あしか?もいて
のんびりムードがいやしやねv-344
  1. 2010/07/23(金) 17:13:59 |
  2. URL |
  3. tobiou #-
  4. [ 編集]

なんだか陳腐な話ですよね。以前にも同じ事を言いだした首相がいましたよねぇ~。

日本は歴史においても他諸国に侵略を受けることなく、また経済的にも自立できてきたからこそ他言語に頼る必要もなかったわけですが。最近のネットの普及や国際化の中でそうも言ってられないってことでしょうか?
(たしかにトヨタの社長が裁判で発言した時も、ちょっと迫力に欠けてました。・・・が、あの時は通訳の方が頑張ってましたよね)

それにしても、突然会社の公用語を英語にして仕事出来るんでしょうかね?
なんだかコメディドラマを想像しちゃいます。サラリーマン・ネオみたいな・・・・。
是非、社員の方の話も聞いてみたいもんです。
  1. 2010/07/23(金) 08:54:19 |
  2. URL |
  3. ラグナおゆみ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/877-5d5dc8d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。