わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミケのお出掛け

 カイカイと、いつも後ろ足で身体を掻き毟っているような気がしてならない、我が家のミケ嬢、ノミの姿も見えないのに、そんなに痒いのは何処か悪いのではないかと、獣医さんに連れていきました(はい、過保護飼い主です)。大人しく、礼儀正しく、協力的なミケの診療は、凶暴のお墨付きを頂いたクロの時とは大違い。クロなんか、分厚い革の手袋した助手さんが、バスタオルでぐるぐる巻きにして、押さえつけないと診療できないんだもん。お行儀のいい猫ちゃんねー、と、言われて、かわいい声でにゃーと返事した日にゃ、飼い主鼻高々なのですが、ドクターはファイルを見て、「ああ、あのクロちゃんの…」と呟き、獣医さんにまで「あの」言われるかー、と、がっくりくるワタクシである。クロは、甘えん坊で可愛くもあるんだよぉ… 凶暴だけど

 結局、ミケはフードを変えて暫く様子見となったのですが、すっかりキャリーが気に入ったらしく、家に帰ってからも嬉々としてキャリーに入って得意げ。お医者さんが猫にとって楽しい経験とは思えないのに、それに繋がるキャリーに入りたがるなんて謎(@__@)


 ところで、ミケはローマ字表示だと「Mike」で、一般的な男性の名前、マイクと同じ綴り。だから獣医さんではいつも、「女の子なのにマイクなの?」と聞き返されちゃう。「マイクじゃなくって、Meekeeなんです。日本語で三毛って意味なんですよ」と説明しなければなりません。ちなみに、英語では三毛はカリコ(calico)、縞柄はタビー(tabby)、そしてサビはトータスシェル(tortoiseshell:亀の甲って意味w)といいます。アメリカでは、日本に比べて野良猫を見かける事が少ないように思います。この辺りでも、海岸沿いの防波堤で、たまーに見かける程度。普通、海辺には沢山ノラが住んでそうなものだけど。

 以前も書きましたが、以前住んでいた西LAでは、公園を中心に、野良何だか飼い猫なんだか判らない黒猫一族がいました。この辺りで出会うのは、茶トラかサバトラが多いような。里親募集では、断然黒猫が多いですが、クロは生まれる数が多いのか、貰い手が見つかりにくいのかは知りません。三毛やサビは珍しく、獣医さんでも、「どこで手に入れたの?」と聞かれますが、うちがこの子を保護したというより、ミケの方でうちに住むと決めたので、彼女がどこから来たのかイマイチ不明。彼女の座右の銘は、”Don't wait to be adopted, adopt them!”


待ってちゃ運は来ないわよ
  1. 2010/07/22(木) 23:14:31|
  2. 犬達と猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なんちゃってで日本のヨーグルト | ホーム | 少年たちは海を目指す>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/878-11a3194f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。