わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エッシャー+京極堂=インセプション(?)

 渡辺謙さんが準主役とでも言うべき重要な役柄をこなして、日本でも注目の新作ハリウッド映画「インセプション(Inception)」を観てきました。面白かった!以下、さりげにネタバレなので、この作品未見で、これから観に行こう、って方はパスしてくだされ。

 ストーリーを主人公に注目して一言にまとめれば、身も蓋もないけど、「シャッター・アイランド」同様、この映画も、相変わらず眉間に皺寄せたディカプリオ演じる主人公が、妖怪・過去への未練と、妖怪・死んだ妻への罪悪感という「憑物落し」される話。その主役のコブ演じるレオナルド・ディカプリオは、個性的な脇役たちに対して、一番陰が薄い。こないだの「シャッター・アイランド」では、全ては既に取り返しが付かず、悲劇に終わったと同じ男が、今回は、子供たちの再会という悲願を果たすので、二作続けて観るとレオ様救済映画と思えないこともない…程に、演者と登場人物を切り離せなくなる程度の役者だったかねぇ、レオ君って… 「ギルバート・グレイプ」ん時の演技派神がかってたのに…

 渡辺謙さんの演じるサイトーは、コブたちを雇う大金持ちで大企業家。「必要かなと思ったから」航空会社をポンと買収し、電話一本で妻殺害容疑のかかったコブを無罪に出来ちゃう。英語の台詞もこなして、多大な権力の持ち主というのも納得出来るほどの堂々たるカリスマと貫禄。かっこいいです!老けメイクも見ものよ。

 主人公コブが率いる、他人の夢の中に入り込み、潜在意識から秘密を盗み出すチームの一員で、コブの右腕的存在のアーサーを演じるジョゼフ・ゴードン・レビットは、1996年から2001年まで放映されたTVのコメディー番組「3rd Rock from the Sun」で、地球に観察にやってきた宇宙人四人組の一人のイメージが強すぎて、ついギャグを期待してしまう。ジョニー・デップがどんなに化けても、ある世代にはティーンアイドルのままと似た感じかも。演技力も存在感もあり、知的な雰囲気に加え、この映画ではアクションもこなし、将来が楽しみですが、ついつい「トミー」がチラついちゃうんだよね。

 そのトミー曰く(をい!)、夢の世界は左のエッシャーの絵のようなメビウスの輪なのだそうだ。夢のなかで夢を見て、その夢の中でまた夢を…という、入れ子式といいますか、壺中天のような何層にもなった夢を集団が共有するっていうコンセプトは、ユングの集団深層無意識的なもの?ともあれ私は、深いことは考えず、派手な映像やアクションを堪能しましたが。映画そのものには大満足、劇場で見た価値あったと思います。

 妖怪・死んだ奥さんのマリオン・コティヤールは無茶苦茶コワイ。「NINE」では繊細な感じだったのに、ここではチャーミングなまま、貞子並みに怖い。チーム+サイトーが夢のなかに入り込む、そもそもの対象である、大企業の二代目はキリアン・マーフィー。「バットマン」のスケアクロウだった人なんで、悪賢い奴かと思ったら良い人だった。他の脇役も皆はまり役で魅力的でした。夢が入れ子式になっているという設定、007ばりのアクションや映像、無重力下の格闘などなど面白さ満載です。でも、正直言って、予告での目玉、LAのど真ん中を列車が走ったり、パリの街が折り畳まれるみたいな、大規模な不可思議シーンをもっと見たかったな。

 この映画で面白いと思ったのは、サイトーに代表される日本の扱い。いくらオバマ政権が米中関係が一番大事と言おうと、日本の首相がシカトされようと、「日本」は十分にアメリカに浸透してる。日本に不気味さや驚異を感じたアメリカ人の世代は60代後半以上、の第二次世界大戦中、あの海を超えて日本軍が攻めこんで来るかもと恐れた子供の頃の記憶を持つ世代、そして、80年代後半から90年代前半の日本がアメリカを買い尽くすのではないかと驚異を感じていた時代に青春を送ったアラフォー世代。クリストファー・ノーラン監督は、1970年生まれなので、この世代にはまります。サイトーの底知れぬ権力や航空会社買収に、その影響が伺われると思います。そして、虚無に落ちたサイトーの夢に現れる謎な日本家屋には、やはり同じバブル期に急に入ってきた日本文化の、間違いじゃないけど何かヘンじゃね?な、「ベスト・キッド」の雰囲気を彷彿とさせる違和感が感じられます。

 もう一つ若いアラサー・グループになると、ポケモン等で日本のポップ文化を身近に感じ、馴染んでいる。更に若くなると、日本のアニメや漫画、ゲームは既に異文化ではなく、彼ら自身の文化の一部です。これから出てくる若い監督の作品には、どんな「日本」が描かれるのか、老後の楽しみが増えるってもんですわv


日本文化よ、特異であれ!
  1. 2010/07/25(日) 23:02:04|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヒャッハー!トヨタ叩こうぜ! | ホーム | 言語と文化>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/881-f5af2193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。