わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

遂にイエローストーンへ!

以下は、後日、帰宅後に日付を遡って書きました。

 ミラー家ファミリー・リユニオンも成功に終わり(つまり大喧嘩や大泣き、警察沙汰無しに済んだってコトw)、今日からは、わに夫の祖母と両親、そして兄弟の家族だけで、イエローストーン公園東口側のロッジに3泊して、イエローストーン国立公園を堪能します。わに的には、ここからが試練の本番。平常心、平常心。おーむ…Ω

 公園内並びにその周辺では、携帯電話も殆ど繋がりません。メインロッジには一応、インターネットにつながった共同使用のPCがあり、朝になると順番待ちをしてメールをチェックします。TVもなければ、新聞も読まない日々。毎日、in-lawsと顔を突き合わせ、和やかに歓談して時を過ごします。しかし、この一家は揃って人の話を全く聞いちゃねえ、というDNAを共有しているので、『和やかな歓談』の内容が微妙にずれてたり、連絡不行き届きが横行したりするのですが、それなりに円満なのは実は、互いに相手の言うことを聞いてないからではないかと思われるフシもあるので良いとしましょう。禅僧になった気分で無心の境地。なーむ…

 イエローストーンといえば、オールドフェイスフル。90分に一度、几帳面に吹き出す間欠泉です。ますはイエローストーンの象徴ともいえる、この間欠泉を揃って観に行くことにする。回りにはずらりと設けられたベンチが一杯になるほどの人気ぶりで、皆、今か、今かと間欠泉が吹き出すのを心待ちにします。正直なところ、私には間欠泉そのものよりも、それを見ている人達の方が興味深かったです。その後は皆でピクニック・ランチ…と、思ったら、家族事に別行動ということになり、今朝こさえた大量のサンドイッチと共に他家族と別れを告げる(爆笑)

 その後はいつもの、わに家的国立公園の楽しみ方に従い、まずビジターセンターで情報を収集した後、トレイルを歩きました。鮮烈な色で有名な泉、モーニング・グローリーへ向かうアルテミシア・トレイルを歩いている途中で、小雨にあいましたが、雨粒が輪を描く色鮮やかな間欠泉の泉は一層幻想的で美しいものでした。ボードウォーク設備のない遊歩道を行くと、途中で小さなせせらぎや、遊歩道の真ん中にぽっかり開いちゃった赤ちゃん間欠泉などに出会いますが、つい指をつけてみたくなりますなぁ。なんってったって、天然温泉だし。遊歩道には、そここに「危険!子供に気をつけましょう(Curb your children.)」のサインがあるのですが、「いや、Curb your motherだし」と、溜息を吐く上息子なのでした。

 6時にはロッジに集まって、皆で夕食をともにする筈でしたので、急ぎ足で戻りましたが、うち一家族が他を二時間以上待たせた挙句、自分たちは公園内のホテルでディナーを済ませてきたことを、此処に報告しておこう。いやー、お昼にサンドイッチを、一人で馬鹿食いしておいて良かった(大爆笑)
 

今日のエントリーからは、その日に撮った写真ではなく、テーマごとの写真を以下の追記に折り畳みでアップします。今日は間欠泉写真特集です。よろしければ、見てやってくださいv




イエローストーンのガイザー



モーニング・グローリー


こんな乳白色が混ざったプールも


ミラー・カイザーの名の通り、空と木々の姿を映しています


潜ってみたい…(注:熱湯である)


魅惑のブルー、サファイア・プール


沸いてる、沸いてる…

August 9 034 (2)
やっはー!


キャスルガイザー。お城というよりミニ火山
  1. 2010/08/09(月) 19:04:44|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夜明けのイエローストーンと露天風呂 | ホーム | ハートマウンテン日系人収容所跡にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/897-bbd4b087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。