わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜明けのイエローストーンと露天風呂

 自然を満喫するには夜明けと夕暮、というのが私のジャスティス。朝5時半にイエローストーン行きますが、誰か一緒に行きませんかと募ったけど、誰も参加しないんで、白み始めた空をプリウス君に乗って西へ向かう。はいはい、いましたよ、親子連れの鹿に、お花をムシャムシャのブラックベア、道路を悠然と行く雄のバイソンに、朝靄の向こうのムース(かなーり遠くだったど、立派な角が見えました)、見事な角を持つ雄に率いられたエルクの群れ、霧の沼に佇むホワイトペリカン… きりっとした冷気、幻想的な光景に加え、たくさんの野生動物に出会えて、とても素晴らしい朝でした!

 ロッジに帰ると、皆が朝食を摂っているところ。今日は、公園北部の、マンモス・ホット・スプリング・エリアへ向かいます。目当ては、冷たい川の流れに、熱い温泉が噴き出し流れ込んでいるという、天然露天風呂。こればっかりは絶対行きたくて、旅行前から何度もメールで皆に、温泉あるよ!水着持ってこなきゃだめだよ!絶対外せないイエローストーンの「Must do」だって、どのガイドブックにも書いてあるよ!(←日本語のガイドブックだけどねww)と、飽くなき宣伝活動に励んだ成果なのだ。

 わに一家は全米の国立公園入り放題の年間パス所有、3人のじじばば連はゴールデンパスという高齢者のみが購入できる10ドルのパス(通常パスは$80)を所有しているので、今日も4台の車にそれぞれパスを分配。一家離散は嫌!な義弟その2家族に、わに家の年間パスを貸し(わに夫と義弟その2は瓜双子)、残り3台に一人毎じじばばを分配するのだ(セコイw)。わにこは、姑の運転する車に、義弟その2の妻と同乗。さりげに義妹に助手席を譲り、後部座席ゲットだぜ

 最初のストップは、キャニオン・カントリーの白眉、高さ93メートルのロウワー滝(><)Lower Fall)と、その両側に広がり、ミネラルが様々な赤の色合いを見せる峡谷を見るのに絶好のポイント、Artist Pointです。短い舗装道を少し歩くだけで、誰でもアーティストな写真が撮れる絶景スポット。沢山の人が三脚を構え、レンスを覗き込んでいました。


トレイルヘッドにあったサインの絵と実際に撮った写真を比べてみましたw


 アーティスト・ポイントの二つしか無い簡易トイレには長い列。少し我慢できるなら、ほんの少し先のキャニオン・ビレッジのビジターセンターまで行けば、清潔なトイレがありますよん。今日は逆に、わに家以外はサンドイッチ持参だったので、わに夫が慌てて売店に走る。途中、路上にはみ出たバイソンによる通行止めにあったり、前の二人による顔と名前が全く一致しない人々のゴシップ話を聞き流しながら、美しいアッパーループを走りぬけ、公園の中心地とも言えるマンモス・ホットスプリングス・エリアへ。2階建ての展示が充実し、イエローストーンお成り立ちに関する15分間のフィルムも上映している、ここのビジターセンターは情報収集には外せない場所。ビジターセンターの横には立派な郵便局もあり、ちょっとした街のようです。

 姑が一事行方不明になるなどのアクシデントもありましたが、無事全員揃ったところで、モンダイの露天風呂に向かいます。駐車場から溢れた車が路上駐車しているほどの人気!パーキングから、イエローストーン川沿いに歩くこと数分、川の中に座っている人達の、思い思いカラフルな水着が木々の影に見え始めます。服の下に水着を着込んで準備万端のワタクシ、最初に足を踏み入れたのも私なら、最後まで出てこなかったのも私でございました。結構な急流で、風向きによって急に冷たくなったり、熱すぎたり、なかなかにスリリングな露天風呂ですが、本当はもっとゆっくり、指がシワシワになるまで浸かって(漬かって)たかったと名残り惜しかった程、気持ちの良い場所でした。着替には、パーキングの奥直ぐにトイレがありますが、くちゃいし、一室しか無いので予め着替えてから来るか、車の中で着替を済ませたほうが良いと思います。ところで、この川の辺りは、西側エントランス同様、公園の大部分が所属するワイオミング州ではなく、モンタナ州にあるのだ。イエローストーン国立公園は実は、二州に渡っていたのですね。

 帰りの車の分配で、またすったもんだあった後、マンモスカントリーの奇岩を軽く見て回ったり、またもバイソン渋滞に巻き込まれたり、通り雨に降られたりしながら(その後は虹が綺麗でした)、ロッジに帰りついて本日の予定終了。自分に、おつかれさまでしたw


みんな「熱い」と「冷たい」の中間地点で一列に並んでいます


今日の追記は、イエローストーンの野生動物です。夜明けの写真も素敵なものが撮れたんだけど、また何か他の機会に。


イエローストーンの動物達



つぶらな瞳のシマリス


もう一つシマリス。かわいい~v


朝日を浴びて日光浴の雁


野生のマスタング


熊さんのお尻v


ブラウンベアお食事中


朝もやの中のバイソンご夫婦


威風堂々


 公園内では何度かエルクさんの群にも出会いましたが、わに家的には「なんだ、エルクか」な扱いなので、写真を撮りませんでした。一枚くらい撮っときゃよかったw
  1. 2010/08/10(火) 10:43:57|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イエローストーンの夕暮と夜、そして裏山w | ホーム | 遂にイエローストーンへ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/898-2ad4556d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。