わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Bryce Canyon National Park

 LAまではまだ道のりは遠く、途中には見所がいっぱい。今日は、ユタ州のブライスキャニオン国立公園(Bryce Canyon National Park)に寄り道しますよ!コロラドからLAに下見のために来るまで向かう途中、真横を通りながらも見学できなかった(あの時は、少し南のザイオン国立公園を選んだのよね)因縁の地、今度こそリベンジです。味気ない高速道路を降りて、牧歌的風景を暫く行くと、全米でもっとも美しい道トップ100、All-American Roadsに選ばれた、州道12号に出ます。ここからブライスキャニオン国立公園は直ぐ。真っ赤な奇岩のそびえるレッド・ロック州立公園を抜け、野生のインパラが駆ける原っぱを走れば、つい3年前に出来たばかりの、ホテルとショッピングモール、ガソリンスタンドから成るブライスキャニオンのゲートシティー、ブライスへ。ここには設備の整ったホテルが数軒あり、本来ならそのうち一つに泊まれれば一番だったんだけど、なにしろ、此処に寄るのを思い付いたのが昨日の夜なんで、予約が取れませんでした。計画性?何それ?な、わに一家だったw

 ブライスキャニオンの見所は、その名の通りキャニオン(峡谷)。ビジターセンターでレンジャーさんにオススメのスポットやトレイルを教えてもらい、キャニオンの成立ちに関する短いフィルムを見た後、一番のお勧めスポットであるブライス・ポイントから、インスピレーション・ポイントを経てサンセット・ポイントまで、リム・トレイルを3.6km歩いて、いろんな角度から夕暮れの峡谷を見下ろします。こんなにも複雑な地形が、様々な偶然によって形成されたことなんて、自然ってほんとうに凄い!と、素直に感心してしまう。峡谷を降りていって、下から奇岩を見上げるのも素晴らしい光景でしょうが、暗くなる前にひとまず退散。


 今夜の宿は、州道12号と89号の交差点側にあるおんぼろホテル、Harold's Inn。一応、AAA(全米自動車協会)推奨なんだけど、さずがに当日でも予約が取れちゃうだけあって、かなーりトホホな宿でした。オススメできない。夜は宿の明かりを少し離れた場所から星空を観察。ブライスキャニオンは、全米でも最も星がよく見える場所の一つなのです。全米の殆どの農村部では、晴れた夜に裸眼で見ることが出来る星の数は2500なのですが、ここでは7500の星が見えるのです!天の川もくっきり見えましたよ!


巨岩なのに色も形も実に繊細


岩で出来たお城のようです


ミュール鹿がいました



明日は遂に旅行最終日です(><)
  1. 2010/08/13(金) 22:49:02|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブライスの弟分・シーダー・ブレイクス国定公園 | ホーム | Grand Teton National Park>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/901-c77babb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。