わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オバマ大統領のLA訪問

 朝、上息子を歯医者さんへ連れていきました。「18歳イカの子供は保護者の付き添いなしには治療しません」という貼り紙があり、小学生でも自分一人で歯医者さんに行く日本とは大違いです。治療の際にも、いちいち親の承認が必要で、「今日は左側の歯二本一度に詰め物をしますが良いですか?」と、治療室から先生が出てきて確認を取ります。日本人的には、わざわざ聞きに来なくても…と思いますが、社会的責任能力のない未成年の判断は無効と見なされる訴訟社会では、医師の保身の為には必要な手続きなのでしょう。

 その詰め物日本の上息子、麻酔が効くまでの間、延々と歯医者さんのグチを聞かされていたらしい。そのグチの内容とは、昨日のオバマの資金集め活動のためのLA訪問で周辺道が全て閉鎖され、どれだけ迷惑を被ったか、だったんだって。家まで通常なら20分以下なのに、3時間もかかっそうな。確かにそれは文句の一つも言いたくなりそう。

 頭に来ているのは、この歯医者さんではない証拠に、LA Times読者の声欄には、怒りの声が多数寄せられていました。よりによって通勤時に、主要道路を一斉閉鎖し、オバマ大統領のいる地域周辺も完全封鎖してしまったものだから、影響は多大。しかも、これが市民に会うための訪問なら兎も角、お金持ち権力者とお食事するためだってんで、もうオバマ支持やめた!とブチ切れちゃった人も少なからずといった様子なのです。そりゃ、3時間も足止めされたら腹も立つかも…

 オバマ大統領、れっきとしたキリスト教徒なんだけど、モスリムだと誤解しているアメリカ人が多いという調査結果が発表されたばかり。この背景にあるのは、「アイツは自分とは異質だ。だから自分と同じキリスト教徒であるはずはない」という否定と、一緒であってほしくないという願望があるのではないかと思います。矛盾しているようではありますが、リーダーにとっては、自分たちとは少し違う、普通よりも優れていると思わせる優越性と同時に、我々の一員だと思わせる同一性が求められると思う。漫画愛好家の麻生太郎氏が秋葉原の支持を得たのは後者による共感であり、鳩山氏の異質さはキワモノ的に面白しろがられはしたけれど、結局は拒否反応を引き起こした。

 そして、オバマ氏が黒人であることが多くの黒人層に支持されたのは、同一性ゆえの支持の究極的なものでしょう。けれど、庶民性に欠けるオバマ氏は、その共感の部分を失いつつある危険にあると思います。実は超名家の出身で、アイビーリーグの一流校出身、富豪の藪息子ことジョージ W.が、一緒にビールを飲んでみたいヤツという気さくで庶民的なイメージで人気を博したのとは逆です。

 メキシコ湾での原油流出事件での対応や、現地での態度がクールすぎると批判されたオバマ大統領ですが、今回のLA訪問一つをとっても、一般市民の迷惑を顧みない行動で、庶民の心情を逆撫してしまいました。こういう部分は、大統領自身よりも、その側近が気を使うべきところです。たとえ幻想であっても、国民は、自分達のことを我が身のように気を使ってくれるリーダーを求めているのです。国民の嬉々に真剣に悩み、行動を共にし、時には名も知れぬ庶民と共に死んでいくのが、ハリウッド映画に出てくる理想の大統領像。国民は、それが単なるポーズであっても、私はあなたたちのこと凄ーく気にかけてるんですよ、ってとこを見せて欲しいのです。超然としすぎる部分がオバマさんの魅力でもあるわけで、その分、人間的な魅力はミシェル夫人が担当してるような感もありますが、再選を狙うなら、オバマさん自身もここらで人間的なところも見せたほうがいいなじゃないかな、と、思う私なのでした。


人間的すぎるわにに一押しを
  1. 2010/08/17(火) 22:28:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<わに、アイロンをかける | ホーム | 上息子、バテるw>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/906-6f265a19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。