わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カリフォルニア州レジ袋禁止法令否決

 今年の夏の猛暑は133年間の観測記録で最高に暑かったと認定されたそうですが、ここレドンド・ビーチは今日も寒い!です。今日の天気予報では最高気温29℃なんて言ってましたが、実際には霧が深くて20℃超えず。ひんやりと肌寒い一日でした。明日以降も「晴れ、29℃」なんて予報してるけど、激しく希望的観測な気がするω


↑証拠写真。私の予想は、最高気温が19℃やねww


 さて、今日のカリフォルニア州的ローカルニュースですが、先日、州議会上院でスーパーの使い捨てビニール袋禁止法が否決されてしまいました。同法案は既に6月に下院を通過し、スーパー業界団体の支持も得て、環境問題に敏感なシュワ知事陣営は署名する気満々だったのですが、化学製品メーカー業界団体、米化学工業協会の活発なロビー活動を前にあえなく退散です。なんつーか、失業率が12%超えで、債務が190億ドルあって破産寸前で、公的健康保険が破綻しかけてて、教育レベルが下降中だってのに、レジ袋で揉めんな!という気が少ししないでもないですが、あのビニール袋ってのは何万年経っても自然に返らないそうで、環境的に大変よろしくないらしい。でも、ビニールの「ゴミ袋」は必要なのですから、今までレジ袋でゴミ袋を代用していた家庭は、新たにゴミ袋を買わなきゃならなくなる。実はこの法案が否決されて一番悔しいのは、ゴミ袋を売ってる会社だったりしてw

 つまり、レジ袋を禁止しても、ビニール袋が無くなるわけじゃない。根本的な解決法には全くなってない、ということです。リサイクル率が低いことが、レジ袋禁止を支える根拠の一つになっていますが、リサイクルされないのは、ごみ入れて捨ててる家庭の所為もあるのではないでしょうか。例えばウチの場合、新聞の入ってくるビニール袋を、犬の散歩時にウン袋として使っています。土地の余ってるテキサスに住んでいた頃には、それなりの広さの庭があったので埋込み型のペットの糞用コンポスターを裏庭に設置して利用していましたが、今の家なんか庭ないし。共同住宅だから、ペットの糞はちゃんとビニール袋に入れて口を縛って臭い対策しないと迷惑だし。だから、スーパーや新聞のビニール袋がなくなっても、結局はビニール袋を買ってきてゴミとして出すことになる。これじゃあ、環境のためにビニール袋の使用を控えることになってない。

 いつも海岸でゴミ拾いして歩いてる経験から言うと、先ず、ペットボトルの蓋とプラスティックのストローを何とかしろ!それから、コーヒー買うと入ってくるスタイロフォームのカップ。NYCみたいに紙カップに統一するか、マイバッグよりマイカップの普及に力入れろ。

 写真は、霧深い今日の海を飛ぶペリカン・トリオ。パロス・バーデス半島も霧の向こうです。ええ、今日もレジ袋に半分ほどゴミを拾いましたわ。主力は矢張り、飴の包み紙、ストローの残骸、ペットボトルの蓋でしたさ。

017.jpg



暑気払いにポンポンと二押しよろしく!
  1. 2010/09/02(木) 22:25:31|
  2. 環境問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<先生の成績表 | ホーム | アメリカ景気は回復せず日本男子は二次元GFとデートする>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/920-0623c092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。