わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

わたしを離さないで --- 映画と原作の感想

 日本生まれの英国人作家、カズオ・イシグロ氏原作、「Never Let Me Go」の映画を観てきました。今週いっぱい、NYCとLAの各2劇場で限定公開中です。評論家の評価がとても高いので、直ぐに全国規模に拡大公開されるかとも思ったのですが、英国での公開が来年とのことで、今のうちに観ておかないと散々待たされて後悔するかも…と、慌てて西LAのLandmark Theaterに行ってきました。引越し前は徒歩圏内だったこの劇場ですが、フカフカの革張り椅子、傾斜が十分にあって前に人の頭が邪魔にならない構造、明るい画面、飲み物食べ物持ち込み自由で、隣の本屋さん内のスタバでコーヒー買って持ち込めるとこ等々、やっぱ、いい劇場だわぁ…

 原作本「Never Let Me Go」は2005年刊、「わたしを離さないで」という邦題で、日本語訳も出ています。翻訳版は立ち読みしただけですが、原作の淡々とした上品な語り口が上手く伝わり、しかも滑らかな分文章で、とても良い訳だと思いました。原語の英語版も、語り口調の文章のせいか、すっきりとして語彙も難しくないので読み易いのですが。機会があれば(図書館にあるか、Book Offで安くなってたらw)、ぜひ日本語翻訳版も読んでみたいと思います。

 同タイトルの映画は、最近の無駄に上映時間が長い風潮では珍しく、二時間以下にまとめられています。原作中の多くのエピソードが省かれ、鍵となる幾つかの大事なニュアンスやエピソードが削られていますが、それが悲劇を際立たせ、観る者に更に強烈に哲学的な問を投げかけているように思いました。ぶっちゃけて言えば、一人の男性を巡る三角関係の話で、その背後にある設定が特殊です。その特殊な設定は、作中で少しずつ明らかになっていくのですが、だからといっても、謎解きやミステリーでもありません。秘密は呆気なく、さらりと明かされ、終り近くに全てが解き明かされてもカタルシスはなく、読み手もストーリーの流れに沿って淡々と物語を追っていくだけ。お話は急流、そして滝壺に向かって急降下なのに、なぜか緩やかな流れに身を任せているような、ゆったりした気持ちのままに読み進めてしまうのは、イシグロの筆力でしょう。でも、ゆっくりと暮れていく黄昏のような気持ちは、読み終わって、一息ついた途端に暗転します。とても後を引く作品です。映画は、後を引くという点では、原作以上かも…

 追記に、原作と映画の違いを含めての、映画の感想を書きます。先に書いた「特殊な設定」についてのネタバレなので、これから読もうと思われている方はご注意下さい。これを知ったからと、この作品の面白さは全く削がれないと思いますが、一応、折り畳にしておきます。で、延々と長いです…orz

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
(2008/08/22)
カズオ・イシグロ

商品詳細を見る

Never Let Me Go (Vintage International)Never Let Me Go (Vintage International)
(2006/03/14)
Kazuo Ishiguro

商品詳細を見る
原語版は出版国によって数バージョンありますが、これは私の持ってるアメリカ版


 私は原作を読んでから映画を見ましたが、出来れば映画鑑賞後に読んだ方が、より楽しめるのではないかしら。主人公たちが何者なのか、「ポシブル」とは何かの説明が、映画は少し不親切に感じましたが、そんな疑問も後から原作で明白になり、少し異なる設定や、細かなエピソードを楽しむのもいいかもしれません。

 キャシーとルースを演じるキャリー・マリガンとキーラ・ナイトレイは、演技力に定評がありますが、トミー役のアンドリュー・ガーフィールドも、全く遜色なく、繊細で癇気なトミーを好演していました。そして、この3人を演じる子役も、上手いけどあざとさが感じられず、自然で好感が持てます。で、女の子二人が、マリガンとナイトレイにそっくりなのも驚き。これだけ似てて、しかも上手い子役、よく見つけたなぁ、って、感心しちゃった。

 決して派手でも、画面作りが凄いって映画でもないけど、劇場でじっくりと、その世界観にどっぷり浸って見る価値ありでした。後を引く、と書きましたが、観終わって主人公たちの宿命に思いを巡らせ、落ち込むのではなく、一生懸命生きなくちゃ、と、思わせてくれましたし、わざわざ高速走って渋滞と闘って、観に行った甲斐がありました。9ドル50セント(チケット代)に悔いなし!
 
励みの二押し、有難うございます。

 原作では、31歳で「介護人」として働いて11年目という主人公、キャシー・Hは、映画では28歳、介護人になって8年に繰り下げられています。たぶん中心となる3人の、役者さんの年齢に合わせたのでしょうが、3人を20代に設定したのも、悲劇を際立たせる要素となっているように思います。だって何となく、三十路といえば大人、でも二十代はまだ青春の続きで、大人になる前に使命を終えてしまう彼らの儚さが強調されているように思うから。

 語り手であるキャシー・H、その友達のルースとトミー・Dは、全く外部から遮断された全寮制の寄宿学校・ヘールシャムで、「あなた達、ヘールシャムの子供たちは特別なのだ」と教えられて育ちました。なぜ彼らの苗字はイニシャルだけなのか、彼らの家族は何処にいるのか。どこか違和感を感じながらも、風変わりな寄宿生活での人間関係を読み進めていくうちに、急にあっさりと、実は彼らは臓器移植のために作られたクローンだと明かされます。厳しい健康管理も、指定場所に帰って来たことを証明するセンサー付腕輪も、彼らが良いドナーとしての役割を果す事を確実にするため。

 ところで、このヘールシャム(Hailsham)とは、チャールズ・ディッケンズ由来の東エッセクスに実在する街の名前だそうです。70年代から90年代を舞台にしながらも、なんとなくヴィクトリア調を彷彿とさせる古めかしい寄宿学校やコテージの趣、時代錯誤なまでに厳しい先生たち… 確かにディッケンズの書く小説のような雰囲気があります。でも、楽天的な理想主義に満ち、孤児が外に飛び出して幸せを掴むストーリーが多いディケンズ作品に対し、主人公たちは、限られた社会に閉込められ、他の選択肢のない運命に従うしか無い。これはイシグロの皮肉でしょうか?

 イギリス中の失せ物が吹き溜まる場所としてのノーフォークは省かれ、ルースの遺伝子のオリジナルである「ポシブル」を見に行く行りや、ジュディー・ブリッジウォーターのカセットテープのエピソードは簡略化されています。タイトルの「Never Let Me Go」とは、そのカセットに入っていた曲の名前。この歌手も曲も架空らしい、いや、実在するという説もあり、今のところ確認は取れていません。

 原作では、冒頭から最後まで、ルースとトミーを看取ったキャシーが過去を回顧する形で語られますが、映画はいきなりキャシーが、最後の提供に向かうトミーを見送る場面で始まります。原作にはない、ルースの臨終の様子も映し出されます。機械的に臓器を取り出す医師、最後まで感情を持ち、痛みを感じ、愛する人に微笑みかけるドナー、その対比が鮮やかです。

 原作では深く彼らに同情し、彼らが「人間」であり、感情も魂もある存在だと認めさせようと努力し、破れ、後悔するミス・エミリーは、映画では二人を突き放した冷たい存在のように見えましたが、替りにマダムが同情者の枠割を果たします。マダムが二人に呼びかける「poor creatures」という言葉も気にかかります。Poor Creaturesは、可哀想な子供たち、とも訳せますが、クリーチャーには、生き物、創造(Create)されたもの、Creature from the Black Lagoon(大アマゾンの半魚人)みたいにワケ分からん怪物、なんて意味もあります。訳者さんは、きっと悩んだに違いない。この言葉は、原作では、ミス・エミリー登場前、居間で二人に向き合うマダムの独り言として呟いかれますが、映画では、マダムが別れ際の二人に呼びかけることで、一層、その重みが強調されます。多分、ミス・エミリーとマダムの役割交換も、この言葉に重みを加えるせいではないかと思うのですが、ミス・エミリーが彼らにも魂があり、それを世間にも知って欲しい、彼らの願いを叶えられるものであるなら叶えたいと心から思っているという方が、私は好きです。

 結局、トミーは4度目の提供を迎え、その役目を完了します。原作では、その前にトミーの要望で、キャシーはトミーの介護人役を降りますが、映画では冒頭に描かれるとおり、キャシーは最期までトミーを見届けます。エンディングの、もう一つの大きな違いは、キャシーが「自分にも通知が来た」と明言しているところです。原作では:
  ... anyway, by the end of the year, I won't be driving around like this anymore. 
  (どちらにしろ、今年の終わりには、こんな風に車で走りまわることもなくなります。)
と、曖昧な表現になっています。

 イシグロ氏自身は、ヘールシャムは子供世界のメタファーであり、クローンも普通の人間も「予供たちも大人になり、年を取ることを受け入れ、死は不可避であり、身体も弱くなり、死んでいくことを受け入れるようになること」を、この本で書きたかった、と、インタビューで語っています。また、クローンや臓器提供という非現実的な設定も、「予供が大人になっていくときに、どのように感じていくのかを読者に再度昧わってほしかった」から、ヘールシャムという「物理的に外界から分けられているこのような施設」を設定し、「子供時代がどういうものであるかを象徴させたかった」のだと。(「」内は、上記インタビューからの引用です。)

 ですが私はむしろ、三つ子の魂百まで、子供の頃から刷り込まれた事からは逃れられないものだという点が印象に残りました。あなたは臓器提供用クローンですから臓器を提供して死になさいと言われて、なぜ抵抗もせずに受入れてしまうのか、疑問を抱かずにいられませんが、考えてみれば、モルモン教徒がお酒を飲まないのも、イスラム教徒が豚肉を食べないのも、タリバン信者が自爆するのだって、第三者から見れば「なんでやねん?」だけど、本人達は何の疑問もなく受け入れている。だけど、この本で本当に語られるのは、そんな宿命の厳しさではなく、「愛」だと思います。この作品はとても上質なラブ・ストーリーなのです。

 イシグロ氏は日本生まれの英国人とはいえ、クローンにも「魂」があるという考えは、なんとも日本的だと思いました。ロボットにも感情があり正義とは何かを考える能力があるとした「鉄腕アトム」に通じるものがあるような気がします。一方で、スターウォーズに出てくるクローン兵たちは、個性も感情もないかのように一把一絡げ扱いです。一寸の虫にも五分の魂を見出す日本的感覚に対し、犬猫に魂があるかどうかで問答できるキリスト教徒的傲慢さが垣間見えると思いませんか?

 も一つ、おまけな映画の感想。全てを受け入れるような、でも包容力があるというより諦めているようなキャシー、見栄っ張りで独占的なルースは、原作のイメージ通りでしたが、アンドリュー・ガーフィールドは原作で感じたのとは違いました。服装がだらしなく着崩されていたり、話す時の唇の動かし方、全体的な動き方に、ちょっとおツムが弱いのかな?と、思わせるようなところがあり、もしあれが計算された動きなら、「ギルバート・グレイプス」のレオナルド・ディカプリオ以来の神演技ではないかと?!私は原作では、トミーはただ神経質で衝動的なのだとだけ感じたのですが、やや精薄君であると解釈したら、子供の頃から好きなのはキャシーのはずなのに、なぜルースに引っ張られて付き合っていたのか、とか、絵のこととか、色々と納得が行くような。こういう解釈もあるのだなぁ、と、納得しました。この映画の中では痩せっぽちでO脚気味のアンドリュー・ガーフィールドが、スパイダーマンになったら、筋肉質なマッチョに変身してるのかな?ここんとこ、わに的にちょっと注目中…

長々とお付合い、ありがとうございました。
  1. 2010/09/21(火) 23:22:13|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<タイタニックから鼠が脱走中! | ホーム | 修学旅行は抽選制>>

コメント

怖くて、哀しくて、切ないお話でしたね(;_;)
映画も、とても良かったと思いますので、お暇があれば観にいって下さい。
どすこサマの感想聞きたいです!

私はお肉大好きなのでベジタリアンにはなれないので、味も栄養も本物と同じ、
って食品があったらいいのにな…と、思います。で、カロリー低めなら、更に良し!

  1. 2010/09/23(木) 22:35:20 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

あ~~~これ、読みました。
私は、ただただ怖かったです。(-_-;)
助けたい命の陰で犠牲が出るのは悲し過ぎるんで、いつか臓器だけの培養・・・そして、食肉も動物からでなく、安全な培養肉が出来たらいいのになぁ~なんて考えてしまいました。
  1. 2010/09/22(水) 03:29:55 |
  2. URL |
  3. どすこ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/938-4bb7d30b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。