わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世界中が ( ゚д゚)ポカーン

あの…、日本政府って… 一体何を考えてんですか?( ゚д゚)ポカーン

いや、実はな~んにも考えてないとか?( ゚д゚)ポカーン

うん、その方がよっぽど納得できますね!(*゜∀゜)


 日本の領海である沖縄・尖閣諸島沖で、中国漁船が石垣海上保安部所属の巡視船に故意に衝突し、公務執行妨害容疑で逮捕、拘束されていた中国人船長を、那覇地方検察庁は不起請のまま保留処分で釈放決定しました。この決定は、レアアース(希土類)の対日禁輸、そして日本人4人を拘束し死刑の可能性をにおわせるという中国側のチンピラもどきの脅しに、完全屈服したことに他ならないでしょう。釈放の理由について那覇地検は、「今後の日中関係を考慮した」と説明していますが、一体いつから検察が外交問題に関する決定を下したり、「今後の日中関係」の方向への判断を下すような権利を得たのでしょうか?検察の役目はあくまでも日本国の法の取締と執行であって、その法をねじ曲げてまで国際関係に関与するこの決定が、検察側の独断なら完全に職務権限を超えた暴走、政府からの圧力によるなら検察の独立性への侵犯です。どちらにしても、三権分立って何?ってことになってしまう。

 南シナ海の領有権を中国と争っているASEAN各国も、日本には大変に失望していることでしょう。米国も、クリントン国務長官が尖閣問題は「日米安全保障条約第5条が適用される」と明言し、マレン米統合参謀本部議長も記者会見で、「同盟国である日本を極めて強く支持する」と表明、ゲーツ国防長官も「同盟国としての責任を十分果たす」と強調し中国への牽制に掛かったのに、肝心の日本がさっさと譲歩してしまっては、呆れるしか無いんでないの?だいたいレアアースの件なんて、WTOに絶対に勝てるケースだから、日本という国は、人質を取ってちょっと脅せば、直ぐにヘコヘコ相手の要求を飲んでしまう惰弱国家であると、世界中に振れ回ったようなものです。

 中国は次はきっと、謝罪と賠償を請求してくるに違いありません。尖閣諸島は日本の領地であり、今回の事件は日本の領海内で起きた、日本の公的機関である海上保安庁に対する犯罪です。今度は断固とした態度が取れるかといえば、またも腰砕けで、ペコペコ謝ってしまいそうで、本当に腹が立ちます。地元の漁民の皆さんからすれば、自分の国は自分達を見放したと、怒髪天を衝く思いではないでしょうか。民主党は、中国の要求を飲んで閣僚の靖国参拝を辞め、今回の件では、理不尽に領海を審判する外国の利益を保護することしか頭にないとshプ名したようなもの。そして民主党を持ち上げたマスコミは、暫くして国民の怒りが少し収まった頃を見計らい、「国益を考慮した正しい判断だった」とか言い出すのでしょう。ああ、イヤだ、イヤだ!


 ところで今夜は、上息子の通う高校の「Back to the School Night」各科目ごとの教室は、広い校内に散らばっており、5分間の移動時間内での教室移動は大変。日が暮れてからは暗くて足元が見えず、鳥目の私は段差につまずいて転んでしまい、足の親指の爪を割っちゃった。痛いです…orz


応援ありがとうございます。書く励みになります。 
  1. 2010/09/23(木) 23:43:04|
  2. 政治・外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<Friday Night Lights | ホーム | タイタニックから鼠が脱走中!>>

コメント

Miyataさん

大体、官僚制度をあたかも全ての悪の根源のように弾劾し、
理不尽にシステムから押し出したのが自民党の功罪でした。

ある意味では、学園紛争の頃同様、ネット上ではあらゆる意見が飛び交い
活発な議論がなされている。民意はそこにある。だけど、政治家は聞く耳を持たない。
実際に火炎瓶を投げない限りは聞かぬ存ぜぬを通すつもりなのか?

こんなの民主主義じゃない!!
  1. 2010/09/28(火) 16:04:55 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

Demeeさん

スタンフォード出身で、英語も堪能(なはず)なポッポさんは
オバマやヒラリー姐さんと同じくアメリカン・エリートなので、
親しく出来るのではないかという望みがありましたが、
逆にぶち壊しましたものね…orz
  1. 2010/09/28(火) 16:00:40 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

Parochialisms

政治家が、民意を十分に汲まない官僚のparochialismを正すのは正しい。しかし、parochialismの政治家が官僚に「口出しするな。」と言って独断で決めてしまうのは重大な誤り。
そもそもが、ジリ貧の自民党が政権を維持しようと小選挙区制にしたのが問題の発端。小選挙区制のために、民主党が、票数不相応に議席を獲得してしまい、政権担当能力の無いままに議席数におごっている。
やっぱり、獲得票数に応じた議席配分をすべし。圧倒的多数を占める政党が無くなっても、それが民主主義。センが言うように、「みんな」(「みんなの党」という名前の政党ではなく。)を代表する多数の政党でよく議論して社会のあり方を見出していくのが真の民主主義・正義でしょう。口角泡を飛ばして議論しよう。昔、学園紛争の時代には、日々やってましたけどね。
  1. 2010/09/27(月) 07:37:36 |
  2. URL |
  3. Miyata Haruo #-
  4. [ 編集]

ハトポッポはじめ、民主党が政権をとった際に、
一番憂慮されていた外交音痴度が、
現実のものとなって、ぼろぼろと出てきていますね。

この先どんなポカをやらかしてしまうのか.....!とても恐ろしいことです。

その音痴度は、おそらくは小学生でも分かるレベルでしょう。

hih
  1. 2010/09/27(月) 04:56:43 |
  2. URL |
  3. Demee #-
  4. [ 編集]

Prof. Miyata

おっしゃるとおりだと思います。現政権は、かつて日本が得意とした根回しの能力が決定的に欠如しています(官僚を軽んじた結果でしょうか?)
 ロンーヤス、藪ー小泉時代には、日米の間がホットラインでしっかり繋がっていました。その裏には、表舞台には現れない交渉が緻密になされていたのだろうと思います。しかし、ただでさえ、共和党トップに比べて、他国首脳との密接な関係を避ける米民主党、その中でも外交に興味の無さそうなオバマという難しい状況の中で、日本の民主党は歩み寄りすらしません。そこへ今回の失態です。米側も、通貨問題で中国にいらついている最中。対中国同盟を強める機会だったのに・・・と、無念です。
 南沙諸島問題等で問題を抱え、特に対中国に関するアジアでの日本の主導権に期待していたはずのASEAN諸国も、「駄目だ、こりゃ」状態でしょう。

中国人船長をこんな風に釈放するのなら、最初から、とっとと国外撤去にしておくべきだった。
民主党は、またもや致命的なミスを犯しました。国民の声で、衆院解散、総選挙を行うことの出来ない国の何処が民主主義?!?
  1. 2010/09/26(日) 23:52:23 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

確かに( ゚д゚)ポカーン

今回の件、現政権の、取り返しのつきにくい危険な大失態です。
「ホットライン」という言葉で表現される首脳間など、両国政権の主要人物の間の個人的信頼関係に基づく非公式な連絡・協議によってこんな事態になるのを避けるのが、正常な政権の外交です。
個人間の信頼によるコンタクト無しに公式のルートでやり合ったら、マスコミや一般国民の感情論を急激に高め、極めて危険な衝突になってしまいます。そして、現時点では、日本は脅せば屈するという認識を中国他の人々に植え付け、日本人の間には、中国は脅しで日本を屈服させるという認識を植え付けてしまいました。今後の両国の人々の間の関係が極めて憂慮されます。
友好国の間の外交には、公式なルート、公式なアクター以外に多様なルート、アクターがあり、それらが複合的に使われて、友好的関係が更に深まっていくものです。公式ルート、公式アクターしか知らない現政権は、日本にとっても他国にとっても、非常に危険な存在です。
  1. 2010/09/26(日) 02:45:19 |
  2. URL |
  3. Miyata Haruo #-
  4. [ 編集]

本当に!

「釈放」という題のニュースに、フジタ社員の4人のことかと思い
「当たり前だろ!」と、内容を読んだら、船長の方。呆れてモノも言えません。

日本の国益って一体何のことを指すのか、真剣に悩んでしまいます。
  1. 2010/09/25(土) 11:57:10 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

こんばんは☆

まさかの出来事に、唖然としてしまいました^^;
気がついたら母国語が変わっていた…なんてことまで連想してしまいます。。
まるで、底なし沼に落ちているような気分ですよ。
  1. 2010/09/25(土) 06:13:24 |
  2. URL |
  3. JUNxxx #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/940-f6a898b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。