わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

遂に破産申告

 サンタモニカのアートギャラリー群、Bergmont Station Arts Centerに行ってみたら、日曜日で閉まっていました。ギャラリーとかミュージアムは、一般人が行ける土日にも開けておいて欲しいものだ…


仕方ないんで路上のアートな貼り紙の残骸でも写真に撮ろう


 せっかくサンタモニカまで来たので、メインストリートを散策。サンタモニカ・プレイスが新規改装オープンして、サード・プロムナードは活気が増したような気がするし、ヴェニスのアボット・ギニーはトレンディーなスポットとして注目を浴びているのに、メイン・ストリート界隈は、行く度に空き店舗が増えるようで寂しいです。元々が観光客向けに全国展開チェーン店の立ち並ぶサード・ストリートとは趣を異なり、メイン・ストリートはコーヒーショップや個人経営のブティック等、地元民が休日にのんびり時間を過ごす通りという雰囲気でしたが、なんだか以前より少し荒んだ印象なのが気になりました。これも不景気ゆえ?

 不景気で多くのビジネスが影響を受けていますが、最近の大きなショックは、アメリカのレンタルビデオ業界を独占していた、ブロックバスターの倒産でしょう。インターネットの普及、スーパーやマクドナルドの店頭の自販機で最新作を一日1ドルで貸し出す格安レンタルの登場、そして、宅配DVDレンタルのNetfliの台頭が、レンタル・ビデオ店の凋落の原因ですが、その在庫数とデータネットワークで一日の長のあったブロックバスターが、後続のNetflixに遅れをとったのは、ブロックバスター自身のマネジメントが先見の明に欠けたことによる失敗です。

 消費者的には、高くて不便な時代遅れ商売の絶滅は当然の理、Netflixラブ~、Redbox(格安レンタル自販機)マンセーで、いいのですが、ブロックバスターは、郊外や地方における大きな雇用源でしたので、今回の破産申告と大量の店舗閉鎖は、必然的に多くの失業者を生み出します。また、全米で4500店を構えるブロックバスターの多くは、地域の一等地のショッピングモールで開業していたので、その閉店は、全米の商業地に、ぽっかり大きな穴を残すことになります。通販がどんどん一般化し、しかもこの不況時に、そう簡単にその穴が埋められる可能性は少なく、犯罪の温床となりかねません。たかが貸ビデオ屋の倒産と侮るなかれ。ブロックバスターの破産は自己責任とはいえ、その影響はアメリカ経済に大きく陰を落とすことでしょう。ほーんと、暗いニュースばっかりだねぇ…
 

サンタモニカプレイスの辻向かいにあるビル。白黒にしたらアートっぽい?



今日も応援、ありがとう
  1. 2010/10/03(日) 22:28:30|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<もしも仕事が全部機械化されたら…? | ホーム | アメリカの高校のクラブ活動>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/950-79e56e7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。