わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もしも仕事が全部機械化されたら…?

 久しぶりに雨が降りました。先週の今頃は、あまりの暑さに茹だっていたのに、今日ジメジメと寒い。ここの夏は、先週初めの三日間で終わってしまったのね…さめざめ…

 でも寒いからと言って、ノート型パソコンで暖を取ろうというのは危険だそうです。毎日熱いラップトップを何時間も膝の上に置いてると、肌に赤く網の目状の模様ができる「Toasted Skin Syndrome」になるので要注意って記事が、今日の地元紙に出ていました。文字通り、お肌がトーストされちゃうのね。おそろしや…

 もう一つ、今日の新聞で気になったのは、LA Timesのこの記事、「Automation is increasingly reducing U.S. workforces(オートマ化はますますアメリカの労働力を低下させている)」です。大規模農業を営む農家は季節労働者の雇用を減らすための機械化を進め、インターネットで航空券や宿の予約を行う顧客が増えて旅行業界はどんどん雇用を減らしていき、スマートフォンでいつでもどこでもメールを受け取ったり、電話で会話できる、そして自分の予定を管理できるエグゼクティブは連絡受け継ぎの秘書が必要なくなりました。ファーストフード界にもオートマ化が進出し始めています。銀行のATM機に似たタッチ・スクリーンで写真から好きなメニューを選んで、クレジットカードで支払いを済ませるセルフ・サービス機が導入されつつあるとか。これって、注文したメニューを正確に伝えられるという利点の他に、私なんぞは、訛ったラテンのお姉ちゃんと、日本語訛りの私が、共に「はぁ?」「え?もっかい言って」「いや、だからぁ」とメニューを確認しあう必要もなくなるんで歓迎したい。アメリカのマクドは、無料でスマイル売ってくれんよ。

 機械化によって人間の出る幕が減っていくのは、18世紀の産業革命以来、脈々と進んできた流れですが、不況時にはその傾向が加速化するそうです。経営者側が、苦しい中で効率を上げ、コストを削減しようと工夫するのは当然の動きです。その大きな初期費用への投資へと踏み出せるかどうかが、生き残りの鍵でしょう。例えば、昨日取り上げたブロックバスターは、通販事業拡大の為に迅速に投資しなかった事が、倒産に繋がったのではないでしょうか。でも、アメリカじゃ失業率の高さが何よりも問題なので、機械が人間に取換って、がんがん雇用を減らしてるのは、マズい状況なわけで… 

 経済学的には、オートマ化による雇用削減は一時的なもので、効率向上によって経済が潤い、景気が回復すれば雇用も増加するから無問題、でいいのですが、実際んとこ、生活苦で困窮している国民が多いのに、そんなの待ってられるかー!ってのが現状なわけで、悠長に経済学論などを振りかざしてる場合じゃねーそ、このヤロー!なのです。経済学理論なそ、歴史博物館にでも展示しとけ!と、怒るワタクシは経済学部卒。


 ところで、今日も朝から、例の日系企業の常駐「Translator」の仕事に紹介したいって、二ヶ所の職業斡旋所から照会が来てた。その度にこちらは丁重に事情を説明しにゃあならんワケで、ああ、ここで断ったら次からお誘いが掛からなくなるんではないかしら、と、不安になったりするわけで。いい加減に堪忍袋の緒がちょん切れそうだぞ、トーランスの○○○… 


間違った情報の後始末は飼い主企業の責任です



っーか、最初から間違った求人出すな!
  1. 2010/10/04(月) 22:42:57|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おつかい、できた! | ホーム | 遂に破産申告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/951-a02ba859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。