わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PTSDになった犬-続報

 今年3月に紹介した、ハンドラーの海兵隊員が野良犬を撃ち殺すのを目撃して、PTSDになってしまったイエローラブのガナーくんを覚えておられますか?優秀な爆弾探知犬としてアフガニスタンに赴任したガナー君は、銃撃や爆撃音を恐れ、爆弾を嗅ぎ分けるのを拒否してしまったのです。(その記事はこちら

 あれから半年、その後の彼に関する続報が、今朝のウォール・ストリート・ジャーナル紙で報じられていました。

 帰国したガナー君は、ニューヨーク州の静かな街に住むカップルに迎えられ、爆弾や銃撃とは無縁の第二の犬生を始めたそうです。ガナー君の新しい家族は、NY州サイオ(Scio)に住むダンとデヴ・ダンハム夫妻。実は夫妻の息子、ジェイソン・ダンハム兵長は、2004年に海兵隊員としてシリア国境で戦闘中の怪我で亡くなられているのです。22歳でした。パトロール中、戦闘に巻き込まれたダンハム兵長は、投げ込まれたグラナダ弾に自分のヘルメットを被せて他の海兵隊員たちを救いましたが、ダンハム兵長自身は、ガラナダ弾の破片が脳に刺さり、意識が戻らないままに還らぬ人となったのです。この英雄的行為に対し、ブッシュ前大統領は、ダンハム兵長に、米軍隊の最高栄誉である、Medal of Honorを贈りました。

 た。海兵隊はガナーを再訓練しましたが、その甲斐無く、8月には除隊されてしまいました。ガナーくんの記事がWSJに出てから、ガナーくんを引き取りたいという人がたくさん現れましたが、その中で、ガナーくんの新しい飼い主として選ばれたのが、ダンハム夫妻です。「私の海兵隊員は帰ってこなかった。だから、うちには、海兵隊員ひとり分のスペースがあるわね」とは、デヴさんの言葉です。こうして、8月末から、ダンハムさんたちと暮らすようになったガナーは、始めのうちは携帯電話が鳴っても怯えていたそうですが、今ではそれを克服したとか。

 ガナーは、ダンハムさん一家にぽっかり開いた穴を完全に埋めることはできないし、デンハムさん御夫妻と先住犬のイエローラブ、ジギーも、ガナーの心の傷を完全に癒すことはできないでしょう。それでも、お互いに新しい道を見つけていく事はできるはずです。ガナーくんとダンハムさんに幸いあれ…

WSJサイト内の、この記事へのアクセスはここから。現在のガナーくんの写真やビデオを見ることが出来ます。しょんぼりとしたケージ内での表情と、嬉しそうにおもちゃを咥えて持ち帰ってくるガナーくんの明るい姿の対比に、涙が出ました。


Medal of Honorより命が欲しい
  1. 2010/10/06(水) 22:11:00|
  2. 犬達と猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<アサリの日 | ホーム | おつかい、できた!>>

コメント

tobiouさん(、だよね?)んとこのカメさんだって、今日は水がぬるくて気持ちいいなー、とか、お母ちゃん、ご飯何処~?!とかって考えてるんじゃないかって思う。亀は万年ってくらいだもの、長生きしてる間に、カメも色々と思うところがあるんだろうな。キリスト教のSoulがあるのは人間だけ、みたいな考えって凄く傲慢だと思うわ。

ガナー君は、きっとこれから穏やかな犬生を送れるんじゃないかと思うけど、イラクでの戦闘が終結して、帰還してくるのは人間だけじゃなくて、爆弾探知犬とかの軍用犬も沢山いるんだろうね。これからは空港に派遣されたり、引き取られて引退生活送ったりするんだろうけど、人間だけじゃなくて、こんな犬たちの心のケアも気にかけて欲しいものです。
  1. 2010/10/11(月) 22:34:58 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

久しぶりに時間ができ
まとめ読み中よん。
すごい話やね。
も~ほんとワンちゃんも人間も
心があるいきものなんだよね。
泣ける話だわ。
ちなみにうちの亀も少しは心なるもの あるような気がする。
一緒に暮らすとまるわかりだものね。
  1. 2010/10/11(月) 17:31:05 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/953-15627026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。