わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハッピーセット騒動

 今日も暑いサウスベイですが、世の中、脳みそが煮え立って頭の中も熱くなりそうなニュースばかり。尖閣ビデオ流出は、昨日に引き続き日本を騒然とさせているようだし、朝鮮学校高校授業料無料化は更に国民の怒りを掻き立て、インドネシアでの大規模火山爆発も大変だけど、日本人の怒りも爆発が近いのではないかと思います。一方、こちらカリフォルニアでは、4月に同州内のサンタ・クララ郡で可決されたと同様の、カロリーの高い子供向けセットメニュー販売を実質的に禁止する条例案が成立しそうとのニュース。この条例案では、ファーストフード店の提供する子供向けセットメニューを、おまけ付きで販売する場合には、果物や野菜を使って栄養価を高め、熱量は飲み物を含めて600カロリー未満、脂肪分はカロリー全体の35%未満に抑えることを義務付けるそうで、期限は来年12月。これが成立すると、マクドナルドのハッピーセットの大半も、禁止対象になります。

 この条例案を提案した市議会のエリック・マー氏によると、「糖分や脂肪分が高い高カロリーのおまけ付きメニューは、この国で子供の肥満が激増している主因」なのだそう。おもちゃで子供心を惹きつける、カロリーの高いファーストフードのセットメニューを禁止することで、よりヘルシーな食事習慣が身につくとでも思ってるとしたら、あんた、バカぁ?!とでもしか、言い様がない。この条例が、ファーストフード店を脅して、子供向けメニューの内容を改善させようというなら、各チェーン、サン・フランシスコ市だけメニューを変えるなんてコストが馬鹿らしいので、全国的に改善される結果になってグッドジョブなんだけど、それには、あとニューヨーク市とかシカゴ市、ボストン市などの、大都市が何箇所か同じような条例を通して協合しないと、インセンティブが弱いかも知れない。

 サンタ・クララ群が先に、同じような条例を通したときに、私の考えを書きましたが、今回も矢張り、同じ感想しか出てきません。そんなに子供の食べる物が気になるなら、低所得者層の子供達に向けた給食システム拡大とか、小売学校のランチメニューをより子供達に魅力的かつ栄養価に高いものにするよう努力するとか、食育の充実とか、小中高校で栄養に関する基礎知識を身に付けられるような教育を施すとか…いっくらでも、先にすべき事はあるでしょうに、自分達の資源は使いたくないので、子供の肥満の原因をハッピーセットに責任転嫁して、対策も企業に丸投げしてるって感があります。

 サン・フランシスコ市のこの決定に対し、マクドナルド広報は、「これは利用者が望んだことではなく、世論も圧倒的に反対している。子供に何を食べさせるかは政府でなく保護者が責任を持って決めることだ」と強く批判しているそうなのですが、全く、ご尤もだよねぇ。健康保険を政府が支給するってんで大騒ぎする、お茶会党はじめ保守派の皆さんなんかは、政府が子供の食べるものや親の教育にまで口出ししてる、この条例には、何も言わないの??


ハッピーセットは、アメリカではハッピーミールといいます
  1. 2010/11/05(金) 23:29:26|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アメリカ人ファーストフード依存の原因 | ホーム | 尖閣ビデオ流出!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/983-19fc2490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。